【実況分析】第8節:アーセナル 1-0 ボーンマウス【サカ様で上り坂】

スポンサーリンク

さて、思い立ったら実況分析!
お久しぶりです(笑)

youtu.be

 

Locks「髪の房」で打ったヘッド弾!

冒頭、オーバメヤン師匠が遠目から打ったシーン。

Ohhh! but [he] goes himself and so close to the opener!

opener は言うまでもなく先制点のことですね。

 

はい、そして本当の先制点のシーン:

Good delivery and a fantastic goal from David Luiz!
And Luiz gets his first goal in Arsenal colors.

Yeah, [it] was just a little flick wasn’t it, a little flick of those locks.

今シーズン開幕前にチェルシーからアーセナルに移籍した
ダヴィド・ルイス。

新ユニフォームでの初ゴールとなりました。

 

2番目の「locks」について、当初耳を疑って
何度も聞き直しましたが、確かにこう言っているはずです。

で、調べると「名詞:髪の房;巻き毛、(~s)頭髪」という意味がありました!

これではないかと。

ejje.weblio.jp

 

シーズン後、ナゾ語は半分だけ解決!

そしてサカ様のシュートシーンにて謎コメントです:

He’s Saka. The STacy Atari time once more.

これも何度も聞き直して分からず、
ググってみたら確かにそれに相当するアタリ(←そもそも懐かしすぎる)
のゲームマシンがありまして。

 

en.wikipedia.org

これがなぜサカ選手のプレイを形容しうるのか、
恐縮ですが現時点でマッタク理解できていません!

読者諸賢の情報をお待ちする次第です。何卒。

【シーズン終了後、2020/08/15追記】
実はこの項目、ほぼ1年間にわたるシーズン中、気になってましたw
いま、過去記事を見返して追記や修正などをしているのですが、
この箇所、
そもそも「17番ジャック・ステイシー」が対応に行っている(!)
ことに、今更ながら気づきました。
YouTubeのCC機能が「STacy Atari」って書いてきたので、
すっかり先入観になってた。
恥ずかしすぎるw
でも、やっぱり「Atari」の箇所が意味不明です!
「He's Saka, moving Stacy at this time once more」
... なんて風にも聞こえないし。
この問題、10年後くらいに解決するかなぁ?
(以上、追記)

 

相手の心を読むときも「Read」

あとはそれほど引っかかるところはなく:

He’s Martinelli! Far away from the youngster.
Just leaning back, wasn’t he?

これは上体が後ろに傾いて(シュートを打つ時の姿勢が悪くて)
外れた、と言っているようですが、
それほど態勢が悪いとは私には思えませんでした。

 

Chambers read that well, here comes Calum Chambers!
Ahhh! So close to the second!

相手のパスを読み切って奪う、という時にread
(ここでは過去形[réd]と発音)を使っています。

辞書にも確かに「6. 人の心・考えなどを読み取る」とあります。

英語「read」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

そして最後は早口ですが:

Straight to Bernd Leno.

GKのレノにシュートが直接、渡った、ということですね。

 

はい、久しぶりの実況分析、大変お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました