第15節:アーセナル 1 – 2 ブライトン【武器庫はカラです】

スポンサーリンク

負けに慣れたガナーズ

ガナーズファンには悪いのですが、アーセナルが負けているのに
すっかり慣れてしまいました。

チームはこれからどこを目標にして進むでしょうか。
ユングベリ暫定監督も首になるかもしれません。

個人的にはやっぱり、ダヴィド・ルイスが気になります。

今節は逆転弾…がオフサイドになって取り消しの
惜しいシーンもありましたが、
2点目のモペーのヘッドもアリバイ守備のような…。

ま、モペーの下がりながらの巧みなすらしヘッドなので、
付きようがないと言えばそれまでですが。

 

オーバー師匠もブレーキ気味

あとはオーバメヤンが大ブレーキか。
右サイドに居るのがまず、もったいない。

そして後半の大チャンス、開幕辺りだったら止めて
即打ちして決めてたじゃないですか…。

 

英語実況分析:Whip「むちで打つ」

1:40あたりの勝ち越し弾のところ:

The ball’s [と推測] whipped in by Aaron Mooy

動詞whip って実況英語でけっこう出てくるなぁ。

ここでは副詞「in」が付いて「ぴしゃりとセンタリングを入れた」
てな感じでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました