第36節:アーセナル 2-1 リヴァプール【ミスだらけ】

スポンサーリンク

濃厚なシーズン終盤感

最初から、
アーセナルのGKマルティネスの凡ミス。
(=ベルント・レノ負傷により
ファーストGKとして先発)

これは幸運にもゴールインしませんでしたが。
シーズン終盤のグタグタ感がありますな。

 

先制点はリバポ26番ロバートソンの
内側からのランが効いてます。

これでダヴィド・ルイスが釣り出され、
声掛けして受け渡してもないのでしょう、
そのまま中のマネに決められました。

◇◇◇

その後、試合は
ファンダイクの安易ボールロスト、
GKアリソンのチョンボ
で合計2点を献上したリバポが自滅。

シティが過去に達成した最高勝点
(2017-18シーズンの勝点100)
更新は不可能となりました。

 

実況英語分析:Acres of Space

このシーン:

acres of spaceto guide that one home!

「スペースは数エーカーもある!」なんて、
この表現面白いなぁw 

DFのマークが付いてなくて、
余裕で蹴りこめましたね。

◇◇◇

それはそうと、動画1:24あたりの
サラーによる足裏シュートフェイント
はお見事!

ルイスは地面にぺたん。

 

では、Have a premium day!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました