第11節:アストン・ヴィラ 1-2 リヴァプール【土壇場で大逆転】

スポンサーリンク

マネが1G1A

最終盤の後半42分、49分と
立て続けにゴールを奪って逆転
だなんて…。

ゴールシーンも、試合の意義も異なるけれど、
展開としては、この試合を想起せざるを得ない。 

 

マンU vs バイエルン CL決勝1999

◇◇◇

さて、ハイライトだけだと、
なぜこうなったのかを推測するには
足りないので、フルタイム版にて
最終盤だけ見てみました。

すると…

●同点弾の直前、ヴィラは
モラエスに代えてコジアを投入。
顔に透明プラスチックの
フェイスガードを付けているコジア。
明らかに怪我明けだし、
「時間稼ぎの交代だな」という印象が
両チームの心理に多少とも
影響したのか、どうか。

●同点弾のシーン。
右サイドに張ったマネにもう一人付いて
片方が追い回せば、あんなに
余裕のルックアップ&絶妙センタリング
はできなかっただろうに。
まさか左サイドバックがあそこまで
侵入しないと油断していた
エル・ガジの失態。
とはいえ、その前からDF陣全体の
足が止まっていたのも事実。

1-1になっちゃった時点で
ヴィラが「鹿島れ」ば、
たぶん勝ち点1はゲットしていた。
下手にボールを奪われ、
スローインを相手に渡し…
とやっている間に
ゴール前FKを与え、
そこから最後のCKに繋がった。

●それにしてもマネって、
あの側頭部ヘッドは何なんですかね。
横に目がついてて、
絶妙コースに流し込んだ感じしかしない。
競り合いながらも
首がバチンと横にしなってるし…。

Comes Up Trumps「思いがけない幸運を得る」

 

後半、リバポのチャンスシーンで:

Robertson, tees up so many goals for Liverpool.

tee はご存知の通りゴルフ用語。
各ホールの第1打を打つ場所ですな。
センタリングを用意する、
上げる直前のことをこう表現したようです。

◇◇◇

そして同点弾のところが面白い!

That’s Mane, round the back… Robertson!
It’s always Liverpool, it’s always late.
Never write them off !

「リバプールはいつも遅い=最後には勝つ」
と言いたいのでしょう。

そして最後のwrite off がまたミソです。

ejje.weblio.jp

(5) 〔+目+as補〕
〈…を〉〈…と〉みなす, 決めつける.
write off a person as a fool 人をばかだとみなす.
(6) 〈…を〉だめだとみなす, 見限る.

つまり、「リバプールを
(もう負けたと)見限るな、決めつけるな!
と言っています。

いや~、実況さんが吠えるのも分かるわ。
強すぎる。
特にこの試合もマネが
抜きんでていましたね。

最後に:

It’s Sadio Mane, (…)
who comes up trumps!

と言っていますが、 これは成句で
「(トランプで最後に当たりを引くように)
思いがけない幸運を得る
という意味だそうです。

ejje.weblio.jp

 

では、Have a premium day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました