第5節:アストン・ヴィラ 0-0 ウェストハム【味方同士でケンカ】

スポンサーリンク

味方に頭突きって…。

惜しいシーンは双方にあったが特筆すべきものは少なく、
スコアレスドローに終わった試合。

試合最大のハイライトがアストン・ヴィラの味方同士の口論。
つーか軽い頭突きまでしている。
エル・ガジvsミングス。
守備でさぼったとか、ナントカでしょうか。

それに比べて、グリーリッシュはいい選手だなぁ!
一人でなんでもやるし、頑張り屋。

◇◇◇

さて、後半22分のマスアク退場のシーン(イエロー2枚目)は、
かなり厳しい判定。

足は出しているけど、ぎりぎりで止めていた。
VARが発動していたら、どうなったか。

 

youtu.be

 

英語実況分析「Hammer」

長~い動画ですが、中盤にてファビアンスキが
ビッグセーブを見せた場面、

He was the hammer of the year last season.

固有名詞で「Hammer of the season」(例えばチームMVPの呼称)
がある可能性なきにしもあらずですが、
そうでないとするならば、「金槌=頑丈なもの」
つまり彼を中心とする守備が頑強だった、という意味でしょうか。

当然、Westhamの愛称「Hammers」にもかけているのでしょう。

 

では、お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました