第34節:ブライトン 1-3 リヴァプール【サラー劇場】

スポンサーリンク

ブライトンは安易に2点献上

 

いずれ何らかのスタッツが
ニュースになることと予想します。

再開後、GKやDF陣の軽率なミスが
ものすごく見られるし、
それが得点に繋がっているケースも
増えているのではなかろうか。

リバポの最初の2点もまさにその通りで、
いずれもブライトンDF陣のミスによるもの。

それら凡ミスの一方で、
トロサールの気迫のハーフボレー弾は見事。

 

英語実況分析:Shin「脛で蹴る」

その後、33番バーンの決定機がありましたが、
ここでシュートはヒットせず。
ワイナルドゥムがクリア:

and the the shinned clearance by Genie Wijnaldum

日本のオンライン辞書だと
shinで動詞は「よじ登る」等の意味しか
出てきませんでした。

「脛で蹴った」意味の過去分詞でないと
上の文は文法的におかしくなるので調べていたところ、
Dictionary.comさんには出てきましたよ:

[verb]
shins, shinning or shinned (tr) to kick (a person) in the shins

Shin | Definition of Shin at Dictionary.com

 

なるほど、これで落着。

◇◇◇

さて、試合全般はサラー劇場と言うべきものでしたね。
合計4回ほどはビッグチャンスがあった気がします。

2得点で済んで、
ブライトンDF陣はホッとしているのかも。

 

では、お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました