第3節:ブライトン 0-2 サウザンプトン【勧善懲悪】

スポンサーリンク

ダーティなブライトン

前半30分、ブライトン10番アンドネの
恐ろしい足裏タックルで即退場

これは以前のダ・シルバの開放骨折シーンを思い起こさせる
(←いまだにトラウマなシーンだ)。

…許せんっ!!!!

 

そのあと38分のCKからのGK押し倒しのシーンといい
(VARによりブライトンの得点は認められず)、
ブライトンはダーティな印象だなぁ。

55分、サウザンプトン。
代わって入ったジェネポが
ペナ外から巻き巻きのシュートをゴール右隅へ送り込む。

マリ共和国の選手。
ゴールパフォーマンスで、仲間と変なダンス踊ってるw

 

疑惑のVAR無発動!

70分、疑惑のシーン!
FKからのロングフィード、こぼれ球をサウザンプトンの選手、
絶対にハンドしてるよね?

でもお咎めなし。
なぜにVARは使われなかった?

アディショナルタイム。
サウザンプトンの攻撃。
これも交代出場のブファルが、左から鋭いボールで折り返し。

ゴール前のレドモンドは触るだけ。
これで勝負あり!

ハンドの場面はホームチームには酷でしたが、
総合的にダーティなブライトンが懲罰を受けた試合という印象。

youtu.be

 

Straight Red Card「一発退場」

「一発レッド」の場面でa straight red cardと言ってます。

あとは人名のところで難しいものも見られましたが、
それほどひっかかるところはなかった実況、 という印象です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました