第9節:チェルシー 1-0 ニューカッスル【オドイの後ろ足トラップ!】

スポンサーリンク

マルコス・アロンソの弾丸

チェルシーのハドソン・オドイがずっと効いていて、
チャンスを立て続けに作るんだけれど決められず。

ようやく後半28分にマルコス・アロンソがミドル、
というにはちょっと距離が短いかな(?)。

ハドソン・オドイからの落としを、走りこんできたまま
ダイレクトで打ち込んだ、という試合。

その前、オドイの、後ろ足にしたアウトヒール部分での
ボールストップ
がお洒落!

 

武藤さん、苦しい状況続く

ニューカッスルにはチャンスらしいチャンスはなかったように思える。
マクシマンも今節は沈黙…。

依然として降格圏の勝ち点8。

武藤さんは2試合連続ベンチからも外れた。
冬のマーケットで移籍したらいかがか。

 

以下、チェルシー側公式になります。 

 

英語実況分析:My Goodness, Me.

【2020/08/15追記】

動画最後のチャンスシーンで、

Teeing up Christian Pulcsic for Tummy Abraham…!!
What a block that was!
My goodness, me.

tee up は(予想つきそうですが)ゴルフ用語で、
打ちやすいようにティーを上げること。

よって、「お膳立てする」意味です。

 

最後の落胆するところも、面白いですね!
最後に「, Me.」 って付いてます。
他の動画でもこの言い方、聞いたことがあります。
慣用表現なのでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました