第38節:クリスタル・パレス 1-1 トテナム【最終節に決める男】

スポンサーリンク

0:37~ ルーカス・モウラ凄い!

見出しの通りで、
ルーカス・モウラのアウトサイドを使った
「外へ、外へ」の突破がお見事!

最後はどうやってシュートを打ったのか?
DFに防がれてはいますが、素敵なシーンです。

◇◇◇

さて試合はハリー・ケインの
「最終節はいつも決める」弾で幕開け。

Kane, who pulls the trigger, in emphatic fashion!

emphaticはemphasize ほかと類語で
「勢いのある、強烈な」といった意味です。

 

ナゾの表現:Roofless ➡Ruthlessでした

ところで、
ここで同時に出てくる(ハリー・ケインは)

That was particularly roofless!

というところのrooflessの意味が分かりませんでした。

日本語ならば「勢いが青天井」と理解できそうですが、
いくつか見た英語辞書のエントリにはありません。

まさか「宿無し」てな意味じゃないし。
ここはナゾです。
いずれ解決したく。

【2020/9/21修正】
お恥ずかしい! 以下の試合で本件を思い出して、
上の動画を聞き直したら、ruthless(無慈悲な)
でしたorz お詫びして訂正。

第2節 サウザンプトン 2-5 トテナム【ソン・フンミン4連発】
サウザンプトンは前半にスパーズを圧倒。かなり極端な「ボールサイドの片側寄せ」作戦がハマり、さらにチェ・アダムスが無双のポストプレーで攻撃を牽引する!! しかし、ンドンベレのターンから舞台は暗転。ケイン➡ソンの4連稲妻カウンターで崩壊…。

 

◇◇◇

さて試合は後半、シュラップが
こぼれ球を蹴りこんで同点で終了。

同点弾のところ、アイェウが
miscues the finish!」したと言っていますね。

これは以前出てきた、ビリヤード用語。

 

いやぁ、このブログ1年やってきましたが、
確かに関連用語についてたくさん学んできたな、
と感慨ひとしおの瞬間でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました