■珍結末!■第14節:レスター 2 – 1 エヴァートン【ロスタイムVARゴール!】

スポンサーリンク

イウォビのパスに「巧みです」

先制点は前半23分リシャルリソン。
得意の飛び込みヘッド炸裂。

岡崎さんよりガタイは細いけど、何か似たような感覚がある。
怖がらずにガンガン飛び込み、これで得点を量産するタイプか。

リシャルリソンに右からクロスを入れたのはDFシディベ。

しかし、そこに「メッセージの込められたWeighted pass」
を出したのはイウォビ。

このパスは速さ、方向、止まりどころといい
文句のつけようがない。

あれでセンタリングしなかったら、
監督から激怒されてただろうw

 

またもヴァーディ!

しかし、対戦相手にはヴァーディさんがいます。

後半23分、6分前に途中交代で入ったイヘアナチョが、
右サイドでスルーパスを受けて
ファーまでゴロ玉のセンタリング。

これを大回りしてファーに詰めてきたヴァーディが、
角度もないのにギリギリで叩き込む。

と、ボールはGKに当たってゴールイン。

いやぁ、鬼気迫る連続ゴールだ。
これで6試合連続ゴール(ハットトリックあり)。
得点王ランキングトップの13得点/14試合。

 

珍事! ロスタイムVARで試合決まる。

この試合が面白いのは後半49分にイヘアナチョが
抜け出して最後のDFも交わしてゴールを陥れたのだが、
VARでオフサイドが疑われた。

しかし、本当にギリギリでオンサイド判定。
ゴールが認められて試合が決着。

ビデオ見る限りではう~ん…。
どっちでもいいやw

◇◇◇

しかし唯一、リバポを追撃しているという格好になってきたレスター。

ここで勝ち点を失わなかったのは、
後々大きい結末に繋がるかも知れません。

 

Sniff of Goal「ゴールのにおい」

ヴァーディの同点弾直後、1:11あたりで:

…Man who only needs a sniff of goal.

と言ってます。

sniff で「(犬などが)においを嗅ぐこと」。
ゴールのにおいがあれば良い。
➡ゴールを嗅ぎ分けたら、あとは決めてくれるヴァーディさん!

 

こんな意味合いでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました