第36節:レスター 2-0 シェフィールドU【股抜き2弾】

スポンサーリンク

 19歳の新戦力がアシスト

「CL圏に留まりたい」レスターと、
「EL圏への希望を捨てたくない」シェフィールドUの一戦。

◇◇◇

前半29分、ペレスのうまいストップから
DFの股を通す弾道。

このシーンでアシストしたのは、
下記のルーク・トーマス。

まだ日本語Wikiもない19歳若手選手。
先月にトップチーム合流したらしい。

theathletic.co.uk

 

試合のほうは、
後半34分にもグレイがDFの股抜きショット
ファーサイドぎりぎりのところに決め、
レスターが快勝。

なんとかCL圏に踏みとどまりました。

◇◇◇

一方のシェフィールドは、
GKヘンダーソンの美技連発も
むなしい結果となってしまいました。

 

英語実況分析:Debutant

ルーク・トーマスのシーンで、実況は

…and assist with the debutantThomas.

と言ってますね。

debutant とは debut した人のことで、
フランス語起源。
つまりこの試合がプレミア初出場だったようです。

 

他の表現としては、
whip「鞭で打つ、ぴしゃりと蹴る」
っていう動詞が今回も何度か出てきました。

 

では、お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました