第8節:リヴァプール 2-1 レスター【クロップ劇場】

スポンサーリンク

クロップ掛け合い!

面白い試合。
なかでもクロップ監督が大興奮。

DAZNのフルタイム動画には(なぜか)欠落しているのだが、
ハイライトの方には試合後、クロップが観客をたきつけて
「ヘイ! ヘイ! ヘイ!」と一緒に盛り上がるシーンが。

「笑っていいとも」でタモリの観客との掛け合いを思い出した(笑)

 

ミルナーからマネ

先制点は左サイドのミルナーから。
カーブボールでのスルーパス。

DFが追いつけずに足を出せなかったところ、
韋駄天マネが内側からストップしてペナ内左に侵入し、
お得意の右足インサイドあたりで
ファーの右サイドネットへ流し込む。

以前も相手のミスがらみでこのシーンを見たなぁ。
あの角度は「マネ・ゾーン」なのかと。

 

レスターの同点弾は高品質

73分。
26番プラートの地を這う弾丸シュートはわずかに左に外れる。
凄いキック力。

で、80分のレスターの同点弾は大きな展開から生まれる。

左サイドから、ボランチの位置まで降りてきた
途中交代・オルブライトンに当て、
ダイレで戻してから、またダイレで右へ展開。
この辺りがいい!

ペレイラからまたオルブライトンに戻したところ、
彼は前を伺って楔を打ち込む。

バイタルでうまく浮いていたペレスが
「回転! 巻き取りトラップ」の術で前を向く。
そしてすぐさまアウトで前方へスルーパス。

これをマディソンが蹴りこみ、チームワークが光る同点弾を叩き込んだ。

この連携は何度も見直してしまったぞ。
お見事!

 

地獄のタックル! 赤やろ

このシーンはハイライトからはカットされてましたが、
クローズアップされるべきシーン。

89分、右サイドを突破しトップスピードに乗りかけたサラーに、
斜め後ろからチョードゥリーが超・悪質タックル。

大変よろしくないファウルだ!

サラー神の脚が折れてたら、君の頭部スチールウールは
ひん剥いちゃってたところだよ、チョードゥリー君…。

 

www.footballchannel.jp

これでサラーは数分後、ロスタイムに入ったところで交代。

 

マネからミルナーPK

これでもう試合も終わりやろ、と思われた矢先。

相手GKからのロングキックをファン・ダイクのヘッドで戻し、
こぼれたところをオリギが推進。

しかしレスターのオルブライトンが良く戻った。

…あれ? GKと連携がうまくいかずもたもたした瞬間、
マネが忍者のように後ろから現れてボールをかっさっらう
オルブライトン、焦って倒してしまう。

同点弾ではカギとなって活躍したオルブライトンが、
最後の最後で痛恨ファール。

このPKをミルナーが決めて、マネ⇒ミルナーへのお返しも完了。

 

リバポが劇的勝利で開幕8連勝。
昨シーズンからなんと(!)17連勝。
早くも独走態勢じゃないか~。

 

※動画リンク、修正しました。

◇◇◇
【シーズン後2020/08/15修正】
リバポ公式動画が埋め込みNGとなったため、リンクに変更。
https://youtu.be/c8B9P7WAsbA
◇◇◇

う~~~ん、このリバポ公式YT動画にはレスター同点弾の
お膳立て場面も、89分サラーへのタックルも、
そして試合後の盛り上げシーンもないじゃないか~!(怒)

レスターはYTに公式動画がないので、同点弾のシーンは諦めざるを得ない。

 

【※ここに貼っていた観客席からの動画もリンク切れ。
 文章ともども撤去しました】

 

サラーは打撲くらいでなんとかなるのではないかと。
ロリスを明らかに長期離脱で失った今、
スターにこれ以上の怪我人が出るのは嫌だな。

 

実況英語分析:Swinger

Firmino’s touch is exquisite!!!! …Not quite.

exquisite って難しい形容詞。
「非常に美しい、精巧な、強烈な」等の意味。

 

最後のPKシーンで、

The oldest swinger in this town.

swingerって何だろう…と調べてびっくり。
「活発な人、性的に自由奔放な人、フリー●ックスをする人」と出てくる!

swingerの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

う~ん、CCでもswingerと出ているし、
確かにs の音が聞こえるので、間違いではなさそう。

 

実況氏の真意やいかに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました