第30節:マンチェスター・シティ 5-0 バーンリー【練習試合感】

スポンサーリンク

マフレズの超絶なる切り返し!

5-0と大差がついた試合。
最初の2得点が凄いですね。

2点目のマフレズによる鋭すぎる切り返し
DFはどうしたらいいのでしょうか?

 

あとの3得点は、気落ちしたバーンリーDFの
ゆるゆる感が目につきます。

 

英語実況分析:Imperious

気になる点が2つありました。

Blues began the restart
with an imperious display against Arsenal.

imperious「傲慢な」

imperious とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書

という意味なのですが、
ここでは古い語源を加味して
「傲慢に見えるほど優越な」試合ぶりだった、
と解釈した方が正しそうです。

◇◇◇

また、2点目マフレズのシーン:

… leaving Taylor [DF] in his wake and so to Pope [GK].

ここでwakeは名詞で「航跡、通過した後、乱気流」
という意味があります。
目覚める、じゃないのね。

なので、「テイラーとポープを翻弄して…」
といった感じでしょうか。

 

お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました