■胸アツ■第5節:ノリッジ 3-2 マンチェスター・シティ【大金星!】

スポンサーリンク

プッキ師匠VSアグエロ師匠!

いや~、今節で一番盛り上がったのはこの試合でしょうね。

結果も驚きだけど、ハイライト見ているだけでも最後ドキドキで、
ノリッジファンの心境になりました。

前半18分。
右CKから打点の高いヘッドで23番マクリーンが先制点。
マンCのDFはだれも付いてない。

完全にゾーンDFだが、あそこまで間に来ても競らないのか?
16番が遅れてる。

◇◇◇

28分。
ノリッジ中盤の選手が自分の頭上を越えるロブで相手をかわし、
これがもう一人介して(たぶん18番スティーパーマン)
前線のプッキへ。

プッキはシュートモーションからキュッと内側へセンタリング
キャントウェルが流し込み!
なんとノリッジが2点のリード!!

 

アグエロは開幕5戦連続で7得点

45分にゴール前で右から左へ展開。

詳細不明だがおそらく20番ベルナルド・シウバがセンタリングしたところ、
アグエロ師匠がドフリー。

ヘッドで逆サイドへ飛ばし、シティが一点返す。

 

開幕5戦連続の7ゴール。鬼神かよw

 

開幕5戦連発というのは、過去にルーニーら2人しかいないらしい。

 

オタメンディの大ポカで大金星

50分、オタメンディの大ポカから最後はプッキ師匠!
嬉しいな♪
ブエンディアが突いて中央のプッキへ。

プッキの前でDFがコケてる。
なぜに?
八百長チックな感覚ありw

88分。
ジェズスからパスを受けたロドリがペナ外やや右寄りから
低い弾道のミドルシュートを決め
その後も決定的なシーンを2回ぐらい作ってたが、このまま試合終了。

ノリッジ大金星

 

youtu.be

 

そりゃ、ノリッジ側のロングハイライトが最適な選択肢でしょう。

これを見るに、後半開始早々の3点目の直前、
オタメンディは先に1回やらかしてたんですね。
プッキのシュートがゴール右に外れたけど。

何かハーフタイムで気が抜けてしまってたんでしょうか。
これが3点目に繋がってしまいました。

それにしてもこの実況、めっちゃ速い…。

 

実況英語分析:Sped はSpeed の過去形

【2020/08/02、シーズン終了後に追記】

シーズン終了後にもう一度見てみたら、さすがに85%程度(=体感値)はリスニングできるようになってました!
歓声とかで聞こえない箇所もあるので、ほぼ聞き取れる感じです。
オヤジの年齢でも、1年やれば進歩した!

改めて、

●特に、ストライカーとGKの名前を知っているのはヒアリングに効果大。

●チームの愛称とスタジアムの名前も、知っているのと知らないのでは
聞き取りの際にかなりストレスが違う。

●あとは、やはり主要な言い回しがまた出てきました。

◇◇◇

冒頭、

Krul is able to catch it gratefully

「ありがたく受け取る」、なんだか理解しにくいですが、
拝領するような格好でボールを胸に収めたので、
このような表現になったのでしょうか。

 

試合中盤、ボランチの位置からペナ左角にいるスターリングへのパス。

He [Stones] sped Sterling 

speed-sped-sped、なので動詞speed の過去形。 
これは以下の「他動詞1.b」にある「早く送る」という意味でしょう。

speedの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

◇◇◇

終盤、左にボールがこぼれてスターリングが追いついたシーン、

… because Sterling has scattered the ball on the left-hand side.

scatter は「散らす」なので、この表現はアレって感じですよね。
別にパス出ししたわけではなく、クリアのこぼれに追いついたので。
ただ、散らしのパスが出るような少し空いたスペースに、
スターリングが追いついたことを言いたかったのでは、と推測します。

 

ロドリの弾丸ゴールのシーン:

Rodri, who’ll let [it] fly into the net!!

この表現面白い。使役動詞 let の用法。

 

その後、シティ怒涛の攻めのシーンでは「tees up Gabriel Jesus…」等、
今シーズン見てきた表現がいくつか見られました。
こちらは、もとゴルフ用語で「お膳立てのパスを出す」といった意味。

 

また、最後のところもイカす表現がありました。

Nowrich have got 90 seconds to see this game out.

「see this game out」で「このゲームが終わる」という表現ですね。
すごく口語的だと思います。

 

では、大変お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました