【実況分析】第12節:ノリッジ 0 – 2 ワトフォード【デウロフェウにロナウ神が降臨?】

スポンサーリンク

ようやく公式のYT動画が出たのですが、
ノリッジ側は約7分、勝ったワトフォードは何と12分もの超大作!

さすがに短いほうについて書くかな…と動画をチェックしているうちに、
ノリッジ側のマシンガン実況をついに分析したくなってきた。

 

マシンガン実況に挑戦!

まずはデウロフェウ先制点のシーン。

1 minute and 16 seconds into this huge game
at the bottom of the Premier League.

And Norwich city’s old habits such strike once again.

Buendía caught in possession;

Deulofeu runs through the Norwich defence
into the penalty area, slides it neatly past Tim Krul,
and it’s a nightmare start for the Canaries.

 

ゲームに入って時間を言う時には「(分数)into(the game)」を使うのか。

 

ついで、「slides it neatly past ~」で、
slide はここでは他動詞なので「(ボールを)滑り込ませる」
といった感じ。

グラウンダーにゴールで流し込んだ様が良く出ていますね。

英語「slide」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

neatly はうまく、適切に、巧妙にといった意味の副詞。
最後のpast は、前置詞で「~を通り過ぎて」という意味です。

Canaries はカナリア達、つまりノリッジのユニフォームから来てます。

 

Kill Momentum「勢いを削ぐ」

続いて、ノリッジの大チャンス。

It’s been played up towards Stiepermann here on halfway,
does well to ride[?] a couple of challenges,
oh, Buendía then helps him out
and between them they bulldoze their way through,
and it’s Stiepermann who’s released to Hernández.

Hernández goes through, what a moment !!,
the keeper Foster and
[※興奮しすぎて and Foster と順番を間違えているように聞こえます!w]
those brilliantly to get there,
but is followed on [??不明。その前にit followsには聞こえないし…] Pukki,
whose shot is blocked,
as Foster scrambles back to his goal line.

bulldoze:ブルドーザーのように切り開いて突進する。

scramble back:(自衛隊機のスクランブル発進さながら)急いで戻る。

◇◇◇

あとは、ミスから繋げられて、ロナウ神がデウロフェウに降臨する直前、
「こんなにミスを重ねていたらkill momentum してしまう」と
モグモグ解説さんが言ってた辺りが、面白い表現かな。

momentum は「はずみ車」、転じて勢い。よって、
ミスばかりで勢いを削いでしまう、という意味。

 

お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました