■推奨■第32節:シェフィールドU 3-1 トテナム【緩いスパーズDF】

スポンサーリンク

リス・ムセの楽勝弾

再開後、FAカップも含めると
「1分け3敗」とメタメタだったシェフィールド。

ようやく、戦術的にキッチリした歯車の
組合せを見せてくれるような
試合ができました。

 

1点目は右サイドからのセンタリングを、
ベルゲが逆突きトラップ、
そしてファーのギリギリのところに蹴りこむ。

ベルゲはチーム史上最高の移籍金で
今年1月に移籍。

シェフィールド・U、ヘンクからMFベルゲを獲得! リヴァプールも関心示した21歳 | サッカーキング

スポンサーリンク

英語実況分析:Incisive

この箇所で:

really incisive stuff on the far side.

incisive とは形容詞で「鋭利な」との意味。
調べてみると「-cise」=cideであり、
「殺す」(ジェノサイドとかのサイドね)意味の
ラテン語等語根に由来する。

ここで俺ちゃん「じゃあ、incide っていう動詞もあり?」
➡調べてみたら:

incide 古語「切り離す、溶解する」

incideの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

おっ、やはりありました。
しかしすでにobsolete だそうです。
推測ですが、「in【s】ide」(内側)と
混乱するからではないかと。

◇◇◇

さて、ハリー・ケインのゴール取り消しシーンで、

and the goal is not going to stand here.

a goal が「stand」するんですね。
成立する、という意味は分かりますが、
自分がこのコロケーションを用いて
会話できるかとなると、心もとない。

意識的に憶えておきたい用語だと感じました。

◇◇◇

そして、チーム2点目の
リス・ムセの得点シーンが面白い!

攻撃側が、というより、
スパーズDF陣のズタズタ感が
興味深いという意味です。

●左サイド、アウトサイドターンが巧みだったけど、
単純なワンツーで置き去りにされすぎじゃね?
誰だ、あの無気力マーク外しは…w

●リス・ムセのマーク受け渡し、
疎かにもほどがある!
ただ、ここで横並びのDF2枚に対して、
シェフィールドの攻撃陣が2枚縦に並んだ
シーンなんですよね。
「どっちがどっち見るんだよ」と、
後ろ側のDFは分からなかったのかも。

 

Leapfrog:かわず飛び込む…

さらに、この得点シーン直後には
面白い動詞も使われています。

…and [Sheffiled United] look on course to leapfrogSpurs.

leapfrog「飛び越す」

ここで一句、
「リス・ムセや かわず飛び込む 楽勝弾」。

…失礼いたしました。

◇◇◇

3点目も見事な崩し!
DF2番バルドックが右サイドに進出。
ここで実況氏:

lung-busting run:
bust」は壊す、ダメにする。

つまり「肺を壊しかねないほどの
猛烈な走りで右サイドへ!」

得点後は:

and the Blades are running riot here…

run riot「はびこる、悪事の限りを尽くす」
➡今日は手が付けられないほど
猛威を振るっている!

◇◇◇

スパーズのDF陣がメタメタだったのはあるにしても、
シェフィールドの崩しもスバラシイ。

そして英語表現と言う観点でも、
非常に豊かなこのハイライト動画。
特にお薦めしておきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました