第31節:サウザンプトン 0-2 アーセナル【セインツ自粛ボケ】

スポンサーリンク

恥ずかしいほどの大ポカ 

この試合はセインツGKマッカーシー、
そしてDF陣が「自粛ボケ」だったと
糾弾されても致し方ないでしょう。

先制点の大ポカはもちろん、
その後もDFのミス連発で、最後は
ジャック・スティーブンス退場
➡ゴール前FKと続きます。

そしてGKのファンブル(強い球でしたが)。
押し込まれ弾。

反対に、アーセナルGKのマルティネス
(レノが前節負傷退場したので、本来はサブですね)
はいい働き!

アーセナルは久しぶりに勝利。

英語実況分析:Parry「受け流す」

冒頭、

arching ball over the top

 

辞書には「ˈɑ:rtʃɪŋ(英国英語)」ってあるのですが、
あきらかにアーキング、って発音されてますね。

archingの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
archingの意味や使い方 架橋現象(粉体) - 約1161万語ある英和辞典・和英辞典。発音・イディオムも分かる英語辞書。

 

1:08あたり

Redmond!, who fires it at pace.

このat pace の意味はなんでしょう?

胸トラしてからちょっと待ってますからね。
おそらく、「自分のペースで打った」って
いうことかと推測します。

 

Martinez parriesthe shot!

動詞parry は「受け流す」。
パリからの話を受け流す、で憶えておこうかな。

 

では、お疲れ様でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました