第14節:サウザンプトン 2 – 1 ワトフォード【下位対決はFKで決着】

スポンサーリンク

セネガルの新星、初得点。

ワトフォードの21歳、サールが2回目の決定機
(いずれも相手DFからのプレゼントパス)をものにし、
これがプレミア初得点。

 

その後もFKから惜しいダイレクトボレーを
打ち込んだりしてました(DFにブロックされたが、
コースには飛んでいたはず)。

 

サウザンプトンの同点弾は、12番ジェネポが右サイドで
DFを交わして切り込んだ部分で0.8点と言っていいでしょう。

ステップ軽やか。

 

最後はウォード・プラウズの見事な弾道&速度の直接FKが決まり、
下位対決はセインツが勝利。

 

とはいえ、ノリッジ含めた3チームはかなり厳しいなぁ。

 

 

英語実況分析

この実況さん、イングランド訛りもあって、
何度聞いても分からない。

 

最後のFKのところ。

Four-man wall post there.
’Bout four yards outside the box.
Ward-Prowse, it’s in!! and it’s good it in [←自信なし] as well!!
[不明]
…point to deliver.
Come with [不明], come with the man!!
And [不明]
Prowse’s missile!

 

う~ん。歓声もあるからだけど、ヒアリングできません!

コメント

タイトルとURLをコピーしました