■3点目必見■第14節:トテナム 3 – 2 ボーンマウス【黒子ソン・フンミン】

スポンサーリンク

得点止まるも、2アシスト。

いや~、ソン・フンミンの好調は止まってなかったな。
すごい走り!
前半19分の走りとか、圧巻ですな。

で、その2分後の先制点も、ソンが左から斜めに
全力疾走したところに最終ラインからロングボール。

単なるキック&ラッシュとは言えない、
組織的なチームの決まりごとが伺える。
これもモウモウ監督の指導の故か?

横のデレ・アリに優しく渡して先制点。

 

同じ展開からデレ・アリ2得点。

後半5分の2点目は、ボーンマウスのDF陣がザルすぎる。

先制点と同じような縦ポンだが、
今度はデレ・アリが中央から縦に走った。

先制点の時とは異なり、DFは状況を把握できてたはず。

しかし2枚もいたのにその間でやすやすとトラップされ、
ゴールに流し込まれる。

ま、スローで見たら、
デレ・アリの胸トラで落とす場所も絶妙なのだけど。

 

3点目は「アニメかよ!」な点。

スパーズ3点目は(DAZNでは「ゲームみたい」と言っていたが)
俺ちゃん的にはやっぱり「キャプ翼」的な点だなと。

左サイドでソン⇒デレ・アリ⇒ソン、と切り開き、
ソンがまたも左サイドを疾走。
3バックの外を今度は切り裂いた。

中はシソコとオーリエ。ファーのオーリエも行けそうなところ、
ペナ内での入り方でDFを幻惑したシソコがフリーとなり、
そこにソンのクロスが落ちてくる。

これをシソコは軽めに飛んだ(笑)ジャンピングボレー!!
逆サイドネットぎりぎりに吸い込まれる。

まさにゴラッソ。

◇◇◇

そのあと、ボーンマスもハリー・ウィルソンがFK、
こぼれ球を詰め、と2得点しましたが、反撃もここまで。

全体として、3バックの間と外をうまく使った
モウモウ体制の勝利といった感じです。

 

英語実況分析:Tuck「押し込む」

ハリー・ウィルソンの一矢報いるFK弾のところ(1:48):

He’s shown there, he can tuck‘im away from any angle.

ここ、何度か聞き直したのですが「tuck’im」としか聞こえません。

「him」を「it(ボール)」の言い間違えとすれば
意味上は通じるので、これで仮置きとさせてください♪

動詞tuck はいろいろな意味がありますが、ここでは
「狭いところに押し込める」=ゴールにねじ込む
意味でよいかと。

 

 

では、Have a premium day!

コメント

タイトルとURLをコピーしました