■驚嘆■第16節:トテナム 5 – 0 バーンリー【ケイン&ソン・フンミン劇場】

スポンサーリンク

ワイングラスは粉々に。

一点目のハリー・ケインの縦回転、
ドライブシュートの弾道にまずビックリ。

2点目のモウラのごっつあん、決定的な仕事はソン・フンミン。

そして驚愕の瞬間は、前半32分のソン・フンミン独走ドリブルシュート。

 

あんた、マラドーナかよ!!! 

 

6人抜きとかいうツイッターが出回ってましたが、
確かにそのくらいの人数カウントでおかしくない。

遮二無二突破し始めたのではなく、

いったん緩急で相手を引き寄せてから
ぶっちぎりにかかるあたりが本当に心憎い。

何度も言うけど、最終予選でこの人のいる
韓国代表とだけはやりたくないな。

イラン・イラク・カタール・オーストラリアと同組になってくれたまえw

 

ケインのシュート力、半端なし

1点目も凄かったけど、4点目のケインのシュート力を見ると、
どんだけ筋力というか身体の使い方が上手いのか、と驚嘆至極。

倒れこみながら左上にズドンですよ。

最後はそのケインからシソコにスルーパスで、
”モウモウ”モウリーニョの用兵が狙い通りに当たりました。

 

Blistering Start「勢いのある序盤」

2点目のシーン直後、
blistering start」と出てきました。

みずぶくれのできるような、勢いのある(序盤)という意味。
以前も出てきた形容詞です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました