第12節:トテナム 1 – 1 シェフィールドU【ソン活躍も微妙な気分】

スポンサーリンク

残る「なんだかなぁ」感。

前半、シェフィールドの7番ランドストラムが
2回の決定機を決めていれば…という展開。

後半になってシェフィールドの
DF3番スティーヴンスがお見合いチョンボをしてしまい、
ソン・フンミンに絶妙ラストパスになってしまいました。

そこからすぐ足を振りぬいたソン・フンミンも見事。

◇◇◇

…とはいえ、DAZN中継で見てて「なんだかなぁ」感は
正直、あったけどね。

やっぱり前節のレッドは報復行為だったと思うし、
最低でも2~3試合は出場停止になるのが筋ではあるかなと。

しかしCLといい、”事件”以降かえって絶好調になってないか?

 

センタリングが同点弾に

さて、その後、一度VARでオフサイド判定があり、
マクゴールドリックの同点弾はお預け。

でも後半33分に、そのマクゴールドリックから右サイドに展開し、
2番バルドックがストレート性の球でセンタリングすると
DFにわずかに擦れた球がごく軽くシュート回転となって
逆サイドネットに飛び込み、貴重な同点弾。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました