2019-09

スポンサーリンク
2019/20シーズン

第5節:アストン・ヴィラ 0-0 ウェストハム【味方同士でケンカ】

惜しいシーンは双方にあったが特筆すべきものは少なく、スコアレスドローに終わった試合。 試合最大のハイライトがアストン・ヴィラの味方同士の口論。つーか軽い頭突きまでしている。エル・ガジvsミングス。 そんな中でもグリーリッシュはひとり奮闘!
2019/20シーズン

第5節:ワトフォード 2-2 アーセナル【ソクラティス痛恨!】

ワトフォードは前節で監督(ハビ・グラシア)が解任。フローレスが4年ぶりに復帰。 試合はガナーズが2点先行するも、ソクラティスの凡ミスでプレゼントゴール。最後はおなじみダヴィド・ルイスのPK贈呈。同点で終了。
2019/20シーズン

第5節:ボーンマウス 3-1 エヴァートン【C・ウィルソン2得点】

前半23分。右CKからヘッドですらしてこぼれ球で浮いたところを、 カルム・ウィルソンがゴール至近から渾身のヘッド。ボーンマウス先制。この後も得点を重ね、3-1で快勝。
2019/20シーズン

■胸アツ■第5節:ノリッジ 3-2 マンチェスター・シティ【大金星!】

いや~、第5節で一番盛り上がったのはこの試合でしょうね。 結果も驚きだけど、ハイライト見ているだけでも最後ドキドキで、 ノリッジファンの心境になりました。オタメンディの大ポカから決勝点!
2019/20シーズン

第5節:シェフィールドU 0-1 サウザンプトン【ジェネポのダブルタッチ!】

後半21分のムサ・ジェネポの得点がすべて、という試合だ。 味方がプレスしてこぼれた球がジェネポの元へ。相手DFに露骨に肩あたりをつかまれているのに、ビクともしない! 右足インステップで左サイドネットへ。これはゴラッソ!
2019/20シーズン

第5節:マンチェスター・ユナイテッド 1-0 レスター【渋いPKウノゼロ】

前半8分、ラシュフォードがネイマール流の細かいステップからPKを沈めて先制点。 これが結局、決勝ゴール。 この節のビッグゲームにしては、やや渋い試合。 そもそも、VRが機能していない気がする。
2019/20シーズン

第4節:アーセナル 2-2 トテナム【GKロリスが救うが…】

スパーズが幸先よく2点を先行しましたが、ラカゼットとオーバー師匠のシュート技術で同点に追いついた、という試合。 スパーズはロリスがひとり奮闘!
2019/20シーズン

第4節:エヴァートン 3-2 ウルヴス【リシャルリソン大活躍】

9分、ウルヴスのトラオレ。右サイド最終ラインからロングボールをコントロール。右タッチラインに近いところで鬼のキープ。 いや、「虎、俺」っていう名前なんだから虎のキープと言わないとダメか。
2019/20シーズン

第4節:バーンリー 0-3 リヴァプール【アーノルド高速回転】

37分、バーンリーが痛恨のミスでフィルミーノへボールお届け。 これを左に駆け上がったマネへ。 マネがしたたかに右サイドネットへ流し込み、追加点。あのチョンボは減給ものだなぁ、6番ベン・ミー。
2019/20シーズン

第4節:ウェストハム 2-0 ノリッジ【プッキ沈黙】

ウェストハムが、マスアクの身体能力とヤルモレンコの強烈弾で快勝した試合。 期待のプッキ師匠は完全沈黙…。
2019/20シーズン

第4節:ニューカッスル 1-1 ワトフォード【決めるまで攻め残る】

ニューカッスルが同点に追いついたシーンが面白い。 3バックの5番ファビアン・シェアが「お前さん、そんなところに侵入して、 いつまでも居座ってていいのかよ?」と思った矢先、 ボールがこぼれてくる。 見事にハーフボレーで合わせてチームを救う!
2019/20シーズン

第4節:マンチェスター・シティ 4-0 ブライトン【ラブリーな組織力】

マンCが爆勝した試合。 しかも4得点のうち、最後の4点目を除く3点はいずれもゴラッソ。 特に1点目の連携にマンCのチーム力というか、連携力の高さを思い知らされた感がある。 繰り返しリプレイで楽しめる試合だ!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました