2019-10

スポンサーリンク
2019/20シーズン

第10節:ノリッジ 1 – 3 マンチェスター・ユナイテッド【PK2本ストップも…】

前半2本のPKに加え、2回ほど超・ビッグセーブも防いだ守護神クルルは凄し。 しかしディフェンスが緩いノリッジはラシュフォードの活躍に屈し3失点。降格圏ズブズブ状態に…。
2019/20シーズン

第10節:リヴァプール 2 – 1 トテナム【忍者マネがPKゲット】

昨シーズンのCL決勝と同じ顔合わせ。開始1分で先手を取ったのはトッテナム。ソンの強烈シュートからケインが押し込みました。 しかし後半早々に同点弾を決めたリバポ。最後は忍者かよ?と驚く動きのマネにPKを奪取され、これで大逆転。
2019/20シーズン

第10節:アーセナル 2 – 2 クリスタル・パレス【VAR劇場】

VARが目立ち過ぎた印象のある試合だが、少なくともこの試合では的確に判断を下す助けになったことは否めない。 最後もラフプレー扱いでVARによりゴール取り消し。荒れた試合は2-2のドロー決着!
2019/20シーズン

第10節:ニューカッスル 1 – 1 ウルヴス【虎さんのアウトターン】

前半37分、ニューカッスル先制のシーンは大変面白い。スタッツで見ると5-4-1のセンターバック(中央)。するすると上がってきてヘッド弾を叩き込みました。リベロ的存在なのでしょう。 試合はトラオレさんのお膳立てで、ウルヴスが同点に持ち込む。
2019/20シーズン

■お薦め■第10節:バーンリー 2 – 4 チェルシー【ハットあり、ドライブゴールあり】

アメリカ代表の若手・プリシッチが先発デビュー戦をハットトリックで飾る。 一方、試合の趨勢が決まった後とはいえ、ジェイ・ロドリゲスが驚くべき弾道の縦回転ドライブシュートを叩き込む! エンタメ性の高い試合。動画をぜひご覧ください!
2019/20シーズン

第10節:ウェストハム 1 – 1 シェフィールドU【ボールは気まぐれ】

ウェストハムGKのロベルトから、超ロングキック。頭で落としたこぼれを拾ったのはヤル夫さん。冷静に1対1を制して、ホームが先制。 しかしシェフィールドもリス・ムセの詰まり気味ボレーで同点弾。ドロー決着。
2019/20シーズン

第10節:ワトフォード 0 – 0 ボーンマウス【アケはフリットに激似】

ボーンマスのナタン・アケに大注目。 ユニフォームが縦縞の赤&黒で、髪の毛が長いソバージュ。 これはもう往年のACミラン、ルート・グーリット(フリット)氏 ではないですか! なお、試合自体は塩試合のスコドロですorz
2019/20シーズン

第10節:ブライトン 3 – 2 エヴァートン【痛恨のロスタイムOG】

2-2のまま迎えたロスタイム4分。 ぬわんと、途中交代のトロサールが崩してペナ左に侵入し、センタリング。 これをエヴァートンDFがどうにもできないオウンゴールにて、ゲームオーバー! ホームスタジアムは大歓喜。
2019/20シーズン

第10節:マンチェスター・シティ 3-0 アストン・ヴィラ【D・シルバ躍動】

エデルソンからの長距離・縦ポンクリア一発からシティが先制。ジェズスが頭で流したら、スターリングが高速でGKと1対1、これを制する。 前半の華麗な崩しは要らんかったんやw 期待のヴィラ、グリーリッシュは不発で、シティが3-0で快勝しました。
2019/20シーズン

第10節:サウザンプトン 0-9 レスター【吉田さん…】

前半10分、チルウェルのランニングが効いて先制。セインツのバートランドは退場。 ここからホームチームはあえなく崩壊。 前半0-5、後半0-4と大クラッシュ。 吉田さんも受難の試合で、これ以降干されてしまうことになる記録的大敗でした。
2019/20シーズン

第9節:シェフィールドU 1-0 アーセナル【胸熱のホーム金星】

シェフィールドはCKからヘッドで中央に折り返し。それをゴール前でフリーとなっていたムセが押し込む。 これが決勝点となり、リバプール戦に続き頑張り屋さんだったシェフィールドが、ホームでビッグ6撃破した試合でした。
2019/20シーズン

【小ネタ】クリスタル・パレスとRoehampton大学

パレスのYoutube公式動画の冒頭、なんで「R」マークが出るのかな、 とこれまでも思ってたのですが、実は「ローハンプトン大学」 (と読むのでいいのかな?)と提携しているそうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました