2019-10

スポンサーリンク
2019/20シーズン

第9節:マンチェスター・ユナイテッド 1-1 リヴァプール【くの字走法】

1点目の「ラシュフォード、くの字に走ってゴールを陥れた」シーンは注目。テレパシーでも働いているかのような連動性。いや~、お見事。 結局はドロー決着となりましたが、リバプールは久しぶりの敗戦となってもおかしくない展開。
2019/20シーズン

■2点目必見■第9節:クリスタル・パレス 0-2 マンチェスター・シティ【空中殺法!】

この試合、シティ先制からすぐ2分後の追加点が凄すぎる。カウンター発動。やっぱりこの推進力は…デブ神さま、ご来臨! 最後はスターリングのスクープ・パスからダヴィド・シルバのダイレクトボレー・ゴラッソ満開!
2019/20シーズン

第9節:ウルヴス 1-1 サウザンプトン【攻め込むドハティ】

53分、ウルブスDFのクリアミスを拾ったイングスが冷静に決め、セインツが先制。 しかし数分後の59分。途中交代ドハティの突破を止められずPKを与えてしまう。これをヒメネスがやっぱり冷静に決めて、同点で試合は終了。
2019/20シーズン

第9節:トテナム 1-1 ワトフォード【拙攻の代償】

GKロリスは前節の怪我で年内絶望。代わりのGKガッサニーガだったが、開始6分に早くもワトフォードに先制される。 しかしその後はワトフォードの拙攻。懲罰は後半41分。GKとDFの連携ミスで奪われ、そのままデレ・アリに蹴りこまれてドロー決着。
2019/20シーズン

第9節:レスター 2-1 バーンリー【誤審濃厚!】

2-1のレスターリードで迎えた80分。プレスからバーンリーがボールを奪い、クリス・ウッドに出したやつ、普通にゴールインだろっ? VARでも誤審が続くということか。というか、VARでこんな風になるともっとトラウマだ。
2019/20シーズン

第9節:チェルシー 1-0 ニューカッスル【オドイの後ろ足トラップ!】

ハドソン・オドイからの落としを、マルコス・アロンソが走りこんできたままダイレクトで打ち込んだ、という試合。 その前、オドイの、後ろ足にしたアウトヒール部分でのボールストップがお洒落!
2019/20シーズン

第9節:アストン・ヴィラ 2-1 ブライトン【グリ1G1A】

FKからのサインプレーでアウェイのブライトンが先制したものの、モーイの退場劇を経てグリーリッシュの反撃が開始される! グリちゃん、1ゴール1アシストの大活躍で、ヴィラがロスタイムに劇的大逆転。
2019/20シーズン

第9節:ボーンマウス 0-0 ノリッジ【低調スコドロ】

プッキ師匠が惜しいシュートを打ったり、警告をもらったりと、少なくとも存在感で復調してきたのは楽しみだけれど、それ以外に見どころの少ないスコアレスドロー。 でもボーンマウスの29番フィリップ・ビリングには注目です!
2019/20シーズン

第9節:エヴァートン 2-0 ウェストハム【ロスタイム劇的ミドル!】

先制点のエヴァートン。ベルナルジが、中央やや左から斜めにスプリントしてスルーパスを受けた動きもエライが、そこからのフェイント技の連続たるや見事の一言。 最後はロスタイムにシグルズソンの強烈弾道ミドルが飛び出し、2-0でホームが勝利。
2019/20シーズン

第8節:ニューカッスル 1-0 マンチェスター・ユナイテッド【マクシマンのスラローム!】

ニューカッスルの10番サン・マクシマンのスラロームドリブルは見事。 決勝点も彼から。4人をひきつけ、左にいた選手にスルーパス、そこへ今日がデビュー戦の19歳マシュー・ロングスタッフが到着。ペナ外から地を這う強烈な弾道でデヘア陥落!
2019/20シーズン

第8節:サウザンプトン 1-4 チェルシー【6人抜きヴァレリー】

セインツはヴァレリーの「6人無効化ドリブル」で1点を返すも、それ以外の4失点は守備がズタズタ。 ヴァレリー含む右サイドバック(ヴァレリー)の守備に問題があった。吉田さん奮闘もチームは大敗でした。
2019/20シーズン

■大金星■第8節:マンチェスター・シティ 0-2 ウルヴス【虎のふた噛み!】

ゲーッ! 予想もできない大金星!ウルヴスは1部リーグの敵地でシティを撃破したのが40年ぶりなんだそうだ。 オタメンディがDFの穴となっていたシティ。そこを突いてヒメネス➡トラオレ、で2得点! アウェイサポ席、大熱狂。実況は大絶叫w
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました