2019-11

スポンサーリンク
2019/20シーズン

第13節:アストン・ヴィラ 2 – 0 ニューカッスル【FK2発で決着】

試合はヴィラが前半のうちに、 2本のFKから2点を決める。その後はお互いに決定機があるも、「なぜそれが決まらんのだ!?」と、ギレン提督がお怒りになるような内容。
2019/20シーズン

■推奨■第13節:シェフィールドU 3 – 3 マンチェスター・ユナイテッド【白熱のシーソー】

試合は序盤から ホームチームが攻め立てる。リバポに0-1で負けたけれど大善戦した試合以降、負けずに来ています。 とりわけリス・ムセが出色。先制もムセの抜け出し&反則すれすれのショルダーチャージから。最後は4番フレックがごっつあんで押し込む!
2019/20シーズン

■推奨■第13節:マンチェスター・シティ 2 – 1 チェルシー【マフレズのカットイン炸裂】

先制点は前半21分。この時間帯では伏兵が飛び出してきたと言っていいでしょう。カンテのスピード勝ちで、チェルシーが先制。 デブ神シュートがトモリにデフレクト、ついでマフレズのカットインからトモリの股抜け…。今日はトモリに幸運灯りませんでしたw
2019/20シーズン

第13節:ワトフォード 0 – 3 バーンリー【セットプレイ強者】

前半はホームのワトフォードが攻め立て、かなりいいシーンを作っていたのですが。後半になるとバーンリーが得意のCKから先制点。 ファーのポスト辺りに飛ばして折り返す、という愚直かもしれない得点パターンを追求しているチーム。
2019/20シーズン

第13節:エヴァートン 0 – 2 ノリッジ【コンビ復活!】

第2節くらい以来、久しく見ていないと思いますこのコンビネーション。ついに来ましたね! 後半10分、DF2枚に寄せられつつプッキ師匠の粘りから、信じて走りこんだキャントウェル童子へ優しいスルーパス。これを落ち着いて決め、最下位ノリッジが先制!
2019/20シーズン

第13節:クリスタル・パレス 1 – 2 リヴァプール【また最終盤に勝ち越し】

正直、前節の得点と比べると「ワーワーサッカー」からの2点という感じ。全体に身体が重そうなリバプールさんでした。サラーもベンチのまま終了。 ともあれ、それでも終盤に得点をあげて勝ってしまえるのがリバポの強さ。
2019/20シーズン

第13節:ブライトン 0 – 2 レスター【不可解な2度PK】

大雨のなかの試合。前半はスコアレス。 後半、ホームのブライトンが攻め立てるところ、レスターの速攻がジャックナイフのように刃を突き立てる。2度の「ヴァーディ⇒ペレス」で先制点をゲットしたレスターが勝利。
2019/20シーズン

第13節:アーセナル 2 – 2 サウザンプトン【即リスタートのお手本】

後半にウォード・プラウズのPKで勝ち越し、あとはロスタイムを耐えるだけのサウザンプトンでしたが、 やはり吉田麻也選手を締めに投入しなかった罰からか、劇的同点弾を許してしまい、勝ち点3はスルリと逃げて行ってしまいました…。
2019/20シーズン

第13節:ボーンマウス 1 – 2 ウルヴス【モウチーニョの縦回転FK】

先制点がお見事。ウルブスが左サイドの角度ないところからFK。 モウチーニョがインフロントで巻き上げる。見事に縦回転がかかって、選手時代の「三浦淳宏」氏かよという感じ。逆サイドの角に見事に収まるFKゴラッソでした。
2019/20シーズン

第13節:ウェストハム 2 – 3 トテナム【モウリーニョ新体制】

モウリーニョ電撃就任もニュースだったけど、この試合は1G1Aのソン・フンミンが絶好調。 後半、ウェストハムも猛反撃。 終了間際のVAR取り消し件がなければ同点になっていた可能性も捨てきれない。
2019/20シーズン

第12節:リヴァプール 3 – 1 マンチェスター・シティ【MOMは審判団+VAR】

頂上決戦! しかし結果は、あまりにショッキングな2回の大誤審(いずれもシティ側にPKが与えられるべきもの)が見逃され、「プレミアは八百長じゃないの疑惑」が俺ちゃんのなかに渦巻くのであった…。
2019/20シーズン

第12節:ウルヴス 2 – 1アストン・ヴィラ【虎さんの独走!】

前半41分のウルヴス先制点はお見事。右サイドFKからだーっと前線になだれ込み、しかし1人だけ残っていたのはルベン・ネベス。 豪快に蹴りこんでゴール右に突き刺す。その後、虎さんの貢献もありホームのウルヴスが勝利。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました