Podcast: 第25節「先例のない」Unprecedented

スポンサーリンク

今年の2/1~2/2に行われた第25節。だんだんと3月上旬の中断時期まで迫ってきましたね!(これ、毎日更新してるからねw)

では、行ってみましょう~。

premierskillsenglish.britishcouncil.org

6つのキーワード:

●1) unprecedented:「先例のない、空前絶後の」
precedent は名詞と形容詞があり、順に「先行」「先行している」の意味(※動詞はprecede)

●2) relentless:「容赦のない、無慈悲な」

●3) debut:これはまさに「デビュー」、フランス語由来。
make his debut、 on his debut というコロケーションで使うということです。

●4) deflection: シュートなどの「跳ね返り」

この箇所で「because the goalkeeper is wrong-footed」と言っていますが、ここでは「(足を違えて)バランスを崩している」という意味でしょう。

●5) consolation goal:「慰めとなるゴール」

●6) go down:「負ける」

前置詞の組み合わせとしては「at + 場所」「to + チーム」とのこと。

他にも、

wide margin: 勝ち点で大差をつけていること

gets the better of:「~に勝る」
「Mourinho(トテナム) gets the better of Guardiola(シティ).」と言っています。

そしてタンザニアの選手とは:

ja.wikipedia.org

いい面構えしてますね!

◇◇◇

最後にベストゴール候補:

1) Steven Bergwijn for Tottenham
2) Antonio Rudiger for Chelsea (2nd)
3) Robert Snodgrass for West Ham (2nd)

見直したら、これは(1)で異論反論オブジェクション(⇐古いっ!)はないでしょうね~。

premier.vrenglish.tokyo

では、よい一日を。

Have a premium time!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました