Silverware「銀のトロフィー」(第28節)

スポンサーリンク

訳すのが難しいSilverware

Jリーグだと「銀皿」と訳したら
格好いいのですが、
今回のサムネイル画像では
普通の縦型トロフィーでしたし、
ここは間をとって「銀のトロフィー」
としておきました。

では、行ってみましょう~。

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

Silverware は掲げない

今回の6キーワード:

1) silverware:「銀製品」ここではトロフィーのこと。

the first piece of ~」と言っていますね。
こうゆう量詞がやはり日本人には難しい。
また「trophyを掲げる」、は言うけど
「silverwareを掲げる」とは言わない
と注意がなされています。

2) domestic: 国内の

3) discipline: 規律
「a bad disciplinary record」過去に悪名高い
レッドやイエローカードを得ていること。
例えば、観客にカンフーキックするとかw

4) intensity: 強度

5) give ~ a boost: ~を加速する

6) poke:「突っつく」

放送では、足をギリギリ伸ばして
つま先でボールを押し込むようなイメージの時に
この単語を使うと説明していますね。
poke the ball home」の形で言っています。

スポンサーリンク

「ダマジカ」って何だ??

その他に気になる語として:

Hornets: スズメバチ。Watfordの愛称

エンブレムはred fallow deer
(「ダマジカ」というのがいるんだそうな…
聞いたことないw)なのに、
チームの愛称は昔からHornets なのだそうだ。

en.wikipedia.org

 

topple:ここでは「ぐらつかせる、倒す」の
他動詞として使われています。

Wolves topple Spurs in race for Champions League.

 

第28節のベストゴールは?

最後に、ベストゴール候補:

1)Sarr for Watford v Liverpool 2nd

2)Fernandes for Manchester United v Everton.

※なお、「A long-range strike that swerved a lot in the air.」
と言っていて、このswerve(曲がる、急に方向を変える)は
単語リストに登録しときました。

3)Bowen for West Ham v Southampton

どれも甲乙つけがたい!

(2)ブルーノ・フェルナンデスは身体の線が細いのに
あんな凄い威力のシュート回転弾を叩き込むし、
(1)のサールの前に出されたカーリーアシストも半端ない。

(3)のボーウェンが個人的には好きで、
以前、「脱力弾」と表現した次第です。

強いて言えば、(3)を選びます。

 

しかし! この節を見返すと
以下のチームでの崩しが極上です。
お薦め。

■崩し見事■第28節:ボーンマウス 2 - 2 チェルシー【ステイシーの我慢!】
いやー。面白い展開の試合ですね。チェルシーのM・アロンソは前節(1得点=決勝点)に続いて、これで2戦連続3得点です。いまスタッツで調べたら、M・アロンソは4バックの左サイドじゃなくて、3-4-2-1の左MFだったんですね。イメージ内で...

 

では、Have a premium day!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました