第32節 アーセナル 1-1 フラム【ロスタイム、GKのヘッド!】

スポンサーリンク

最後のCKにGKライアンも参加

後半14分にPKでフラムが先制。

そのまま行くと思われたロスタイム。
最後のCKに上がってきた
GKライアンがヘッド!

ファーに逸れたが繋がり、
最後はこぼれ球をヌケティアー
(後半25分から投入)が押し込む!

劇的な勝点1を拾いました。

逆にフラムは奇跡の残留に向けた
貴重な勝点を失う結果に。

英語実況分析:Dangle

セバージョスの先制弾は
VARでオフサイドの判定。

… but Arsenal’s momentum
had took him [Ceballos] to that goal.

I know it seems like
it’s been taken away from him.

ここの解説氏は速い!
いまやおなじみ、momentum
が出てきてます。
はずみ車、勢いの意味。

◇◇◇

ガブリエウが先制につながるPKを
与えてしまったところ:

It was a little dangle.

dangle は動詞で「見せびらかす、
目の前にちらつかせる」

名詞だとWiktionary に以下がありますね。

2.(slang, ice hockey, lacrosse) The action of dangling;
a series of complex stick tricks and fakes
in order to defeat the defender in style.

アイスホッケーやラクロスでのだまし技、
といったところでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました