第4節 アーセナル 2-1 シェフィールドU【ゴラッソ尽くし】

スポンサーリンク

崩し切った先制点

前半スコアレスで迎えた、後半16分。
アーセナルが右サイドで
相手を崩し切りました。

最初、ウィリアンにDF2枚が行って、
そのあと安堵したのか止まってしまい、
2番のベジェリンを
お留守にしてしまいました。

さらに、バイタルに侵入してきた
エルネニーにも
シェフィールドの19番ロビンソン、
12番エガンともに2枚で行き、
裏のスペースをベジェリンが取ったと。

ただ、オーバー師匠からのワンツーは、
エルネニー狙いだったのではないかな?
うまくベジェリンが回収しました。

19歳のサカはこれが今季初得点。

スポンサーリンク

2発の個人ゴラッソ

先制点がチームゴラッソだとすると、
あとの2点は個人ゴラッソですね。

2-1の3得点ともゴラッソ度が高い試合
なんて、ちょっと記憶にないですねぇ。

ペペの追加点は、DFエガンのカカト
ぎりぎりを通る、ストレートなゴロ弾。

代わってマクゴールドリックの追撃は
狭い局面でのカーリー弾。

両方ともお見事です。

シェフィールドは昨シーズンの
「台風の目」的存在が
嘘のような4連敗。

攻め手が足りない感じで、
この後が心配です。

英語実況分析:Worldie

冒頭にリンクした
アーセナル公式動画ですが、
最初のところは驚速ですね。

「ラムスデールとボーンマウスの関係」
がこじれた云々、という内容でしょうが、
途中からの実況ということもあり、
ここは諦めます。

その直後、オーバー師匠のミドルシュート:

He’s got these worldies in his locker.

worldiesworldie の複数形。
「ワールドクラス」の意味だそうです。

ここでは「ワールドクラスの卓越した技」
ということでしょう。

◇◇◇

this prodigiously talented team gets arsenal on their way.

また難しい語が出てきましたね!

prodigy(天才、偉人)の
形容詞形prodigious
副詞化したもので、「並外れて」の意味。

◇◇◇

we’re in for a tense finale now.

1点差のまま「ドキドキの終盤戦に突入」
てな感じ。

リスニング上級者向け

YouTubeで検索してたら、
ロングハイライトも。

こっちの単語レベル、速度とも
上級者向け!

聞きどころが多い長編ですが、
3点だけご案内させてください:

Afford「(スキを)与える」

Sheffield United holding their shape well.
Chasing, pushing, prodding, pulling,
trying to affordArsenal no way through.

2:12あたりの実況さん。

黒太字のところがリズム良くて、
不規則な韻をふみつつ流れていく感じ。

prodは以前も出てきた「突く」
シュートのシーンで使われることが多いはずですが、
ここでは積極的な守備のことでしょうね。

afford は「(便宜を)与える」。

英語「afford」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
1000万語収録!Weblio辞書 - afford とは【意味】余裕がある,買う余裕がある... 【例文】I can afford neither the time nor the money for a world cruise.... 「afford」の意味・例文・用例ならWeblio英和・和英辞書

よって、「アーセナルに突破口を与えまいとしている」

 

Tease の正確な意味を知りたいぞ

5:11あたりで

who teases it into Elneny.

と言っているのですが、
これまでに出てきた、
例えば「teasing crossball」などからすると
アレレ? 感があります。

これまでteasing を「嫌がらせするような(パス)」
「困らせるような(クロス)」などと解釈してきた
のですが、少し修正しないといけないかもです。

英語「tease」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書
1000万語収録!Weblio辞書 - tease とは【意味】いじめる,からかう... 【例文】Stop teasing the dog.... 「tease」の意味・例文・用例ならWeblio英和・和英辞書

◇◇◇

もともとは「裂く」というのが語源らしい。

しかし、いくらググってもフットボール用語としての
tease は発見できていません。
Langagecasterにもないんだよなぁ…。

あくまで暫定ですが、
「厳しいボールをはたいて、
攻め込みにかかる」という意味に
解釈を微修正しておきます。

 

お決まりルイスさん

そして0:30あたりは、またしても、の
「ダヴィド・ルイスやらかし未遂!」

あんたも懲りないねぇ。
ユニ引っ張ってるから下手してたら
また退場だったわよ…。

 

では、大変お疲れ様でした!
代表ウィークのあとに再開します。

タイトルとURLをコピーしました