第38節 アストン・ヴィラ 2-1 チェルシー【細い虎が大活躍!】

スポンサーリンク

そしてグリちゃんは殴られる

中5日でいよいよCL決勝(シティ戦)
を迎えるチェルシー。

しかしこのところ調子が上がりません。

この試合も落とし、
直近4試合で1勝3敗となってます。

別の試合でレスター(トテナム戦)が
勝ってたら、CL圏を取られてましたね。

さて、試合は先制点がスバラシイ!

左CKからチームメイト3名が
前に突進しつつDF陣をブロック。

そこに細いトラオレさんが
ウェーブの動きで回遊し、
ダイレクトで見事な一撃!

2点目のPK奪取も
「細い虎さん」によるもの。

来年はヴィラに残留するでしょうか?
どこかの金満クラブが欲しがりそうだ。

◇◇◇

そして最終盤にはアスピリクエタが
病み上がりのグリちゃんを叩いて退場!

英語実況分析:Be in the Script

いぶし銀・マックギンの強奪から
自分で持ち込み、シュート!

They’re outnumbering Chelsea here!

「数で勝る」、久しぶりに出てきました。

◇◇◇

トラオレのゴールが隅に決まる。

This wasn’t in the script!

「筋書きにないぞ!」てな感想です。
しかしすみません、あれはヴィラが
チームで筋書きを書かないと
できないゴールなんですよ、実況さん。

◇◇◇

今度は細いトラオレが倒されるシーン:

Attacked the whole tent here,
Traore goes down!

「全テントを攻撃している」。
これって軍事用語かなとは思うのですが、
ググっても成語としては出てきませんでした。
意味から解釈するしかなさそうです。

実際、ヴィラはこのシーンで
人数かけて攻めてますね。

◇◇◇

そして最後、グリちゃん殴られるの巻きで
退場したアスピリクエタは「Az」(アス)
と呼ばれてますね。

 

以上、お疲れ様でした。

タイトルとURLをコピーしました