第2節 アストン・ヴィラ 1-0 シェフィールドU【エガンなく敗れる】

スポンサーリンク

今回は苦い顔…

前半12分。
シェフィールドのキャプテンで、かつ
DFのエガンが一発退場。

ミングスからの縦ポンに抜け出そうとした
ヴィラの11番オリー・ワトキンスを
思いっきり引っ張ってます。

お互い様なんだけど、掴み方が半端ない。
決定機阻止。VARで確定。

今回は「破顔のエガン」ではなく、
苦い顔をして退場していきました…。

 

ランドストラムPK失敗

一人少ない前半33分。
なかなかペナ内に入れなかった
シェフィールドに大チャンス。

FWオリバー・バークのペナ内での
見事な鋭角スルーパスに反応したバシャム。

受けたところでターゲットに倒され、
何度もVAR再生のあと、PKが確定。

しかしこれをランドストラムが外してしまいます。
阻止したGKエミリアノ・マルティネスは
アーセナルから今期に移籍。

さっそく活躍しましたね。

◇◇◇

試合は後半18分、
CKからヴィラのCentre half コンビ、
ミングス➡コンサへと頭で繋いで、
これが決勝点となりました。

スポンサーリンク

英語実況分析:また出たStutter

PKをランドストラムが打つシーン:

[a] couple of stutter steps

お、記憶がまだ新しいうちに
復習させてくれるかのように出現!

PKの時にはこの「どもる、どもり」は
多用されるのかもしれませんね。

◇◇◇

先制点のシーン:

It’s Aston Villa who strike [the] first blow.

YouTubeのCC機能で、「blood」と出たので
ギョッとしましたが、さすがに血じゃない。

動画最後のところも、CCだと「and it goes worldwide.」
おいおい、それ「well wide」だと思うぞ、さすがにw

◇◇◇

「あれっ?」と思ったら
CC機能と勝負。たまに勝利。わりと敗北。
しかしけっこうな頻度で、惑わされもする。

AIもまだまだ精度が必要って感じかな。
ま、俺ちゃんのリスニング精度の向上
の方が急務なんだけどサ。

 

じゃ、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました