第25節 ブライトン 1-2 クリスタル・パレス【ロスタイム豪快ボレー!】

スポンサーリンク

後半50分のベンテケ弾

ポゼッション75対25、
シュート数に至っては
25対3(!)で、
枠内が5対2。

その「枠内2」でロスタイムに
劇的勝利が決まっちゃうんだから、
サッカーは残酷であります。

◇◇◇

先制点のヒールゴラッソ、
マテタは1月下旬にローンで
マインツから加入。

ジャン=フィリップ・マテタ - Wikipedia
俺ちゃん
俺ちゃん

「マテタよ」ってみんな
言ってるだろうなぁw

同点弾をフェルトマンに決められた後、
「ガイタがイタ!」さんの
3連続セーブが圧巻。

◇◇◇

そして後半50分、ベンテケ弾!

これは33番ダン・バーンの位置取りが、
ちょっと…とは思うけれど。

後半30分からの途中出場で、
豪快にボレーでゴラッソを
決めてくれました。

英語実況分析:Come on a Plate

フェルトマン(実況ではヴェルトマン)
の同点弾のところ:

It came to him on a plate,
but he delivered.

これは成語としての辞書エントリは
ないみたいです。
でも、意味は分かりますね。
「お盆に載ってやってきた」。

◇◇◇

中盤、ブライトンの怒涛の攻め!

Well, it’s “all hands to the pump there”
for Crystal Palace.

おっ! 久しぶりに出てきましたこの熟語。
全ての手をポンプへ!

第33節:サウザンプトン 1-0 マンチェスター・シティ【皆の手をポンプへ】
前半16分。ミスからロビングシュートを叩き込まれ、意外にもシティが失点。 カーブが掛かりながらGKの頭上を抜き、うまくゴールに収まりました。10番チェ・アダムス。その後はGKマッカーシーとDF陣がファインセーブで止めまくる!

◇◇◇

そして最後はCC機能でbully と出るのですが、
正しくは以下ですね。

Benteke, the substitute
volleying the ball past Robert Sanchez.

年間ゴラッソ候補にはかなり最後まで
残るであろう、豪快な一発でした!

タイトルとURLをコピーしました