第20節 バーンリー 3-2 アストン・ヴィラ【ウッド覚醒ヘッド!】

スポンサーリンク

湧きいづる攻撃陣

夜中に目が覚めて、タブレットで
ライブスコアをチェックしてたら
グリーリッシュが勝ち越し弾、
後半23分。

お~やったね、これで行けるじゃん。
と思って寝たら。

俺ちゃん
俺ちゃん

その後、逆転されてました。

バーンリーの2点目がお見事。
逆襲で皆がわらわらと湧いてくる。
23番エリック・ピータースは
公式スタッツみたら左DF。

彼が「細いトラオレ」さんの
カバーをぶっちぎり、
ゴール前まで侵入したのが、
カギとなりました。

◇◇◇

そして仕上げは久々のウッド兄貴。

センタリングのところ、やっぱり
「細トラ」が守備をさぼってた?

見事に上げられた球を、
戻りながらの強烈体幹で
ねじ込むヘッド弾!

さすがのウッド兄貴です。

英語実況分析:Evade

バーンリー2点目のシーンが、
驚速極まりない。

Ball forward, looking for Vydra.
Spins nicely, lays here, looks good [?],
first judge finds cir…ah, ah

太字にしたところは自信がないです。
しかしこれ以外に聞こえない…。

で、ゴールイン!

Deceived the defense,
it looked like a cross,
but it‘s evaded Martinez!

evade は「避ける、よける」

つまり「GKマルティネスを
交わすようにゴールイン!」
みたいな感じ。

has が隠れていて現在完了形です。

タイトルとURLをコピーしました