第11節 バーンリー 1-1 エヴァートン【ビッグセーブ応酬】

スポンサーリンク

ポープの”チン止め”!

再びギアを入れていきたい
エヴァートンですが、
なかなかうだつの上がらない
バーンリーを相手に、
勝ち点2を落とす結果に。

この試合は、
両GKのニック・ポープと
ピックフォードが、
互いにビッグセーブを連発。

とくに、上のハイライトにも出てくる
ポープの「股間セーブ」
希少価値ありw

また、同点弾のシーンでは
リシャルリソンのアスリート
としての高性能さが際立ってます。

その直前のシーンは、
ファウルにしか見えないけどね?

最後の、ハメスからのアウトサイド・
股間抜きのパス。

同じくアウトで止めてシグルズソンが
シュートしたシーンも極上ですね。

しかし、これもポープが足で止める!

ポープがHopeを打ち砕いたんや!

英語実況分析:Thwart

この、ロスタイムの大チャンスのところ:

Gylfi Sigurdsson, thwarted
by the boot of Nick Pope. 

thwart [θwˈɔɚt]
「妨害する、邪魔する」の意味。

これは本ブログでは初めて扱います。

スペルも発音も憶えにくいですが、
何度も繰り返して
脳内にしみ込ませようと思います!

 

では、Have a premium week!

タイトルとURLをコピーしました