第14節 バーンリー 2-1 ウルヴス【ダブル股抜きヘッド!】

スポンサーリンク

ヘッド弾では珍しいはず

もうだいぶ昔になるのですが、
たしかジーコ御大の現役最後に近い
公式試合で、アルシンド(懐かし!)
が駒場スタジアムで決めたゴールは
「ダブル股抜き」だったはず。

俺ちゃん
俺ちゃん

スタジアムに居ました。

J. League Data Site

※ナビスコだとずっと記憶してたんですが、
J1だったようです。
YT動画探したのですが、見つかりません。

◇◇◇

しかし、頭で「ダブル股抜き」が
実現されるのは、過去映像でも
見たことがありません!

バーンズが叩きつけたヘッドが
DF、GKパトリシオ、と2人の股を
抜けているように見えます。

これもプレミア新記録に
認定して欲しいな!

低調なバーンリーに負けてしまった
ウルヴス。
唯一の光明は、PKを奪取して自ら決めた、
ファビオ・シルバか。

まだ18歳ですよ!

英語実況分析:Overcook

先制点シーンの解説氏、驚速!

What a beautiful move.
I thought he just overcooked the ball
down the line to Charlie Taylor,
but he’s weighted to perfection, Phil.

overcook で「調理しすぎ」
ここでは転じて、パスの足が長すぎた
(のではないか)という意味ですね。

Phil はこの直後も出てきているので、
おそらく実況氏の名前を呼んでいる
のでしょう。

日本語だとありえないですが、
英語だとホント、頻繁に話相手の
名前を入れてきますよね。

これで文化論が書けそうなくらい。

では、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました