第37節 チェルシー 2-1 レスター【熾烈なCL/EL争い】

スポンサーリンク

FAカップ決勝のリベンジ

先日、ティーレマンスの超弩級ライナー弾で
FA杯を制したレスター。
上の動画をご覧ください。

で、中2日で同カードのリーグ戦。
せわしないな~。

さてこの試合の方は
ヴェルナーがオフサイド&ハンドにて
二度もゴールを取り消されましたが
2点目のジョルジーニョPKを奪取
したのもヴェルナー。

こうゆう展開だと、
えてしてCL決勝あたりにて
「ヴェルナー大爆発でリベンジ戴冠」
てな流れもありそう…。

俺ちゃん
俺ちゃん

うっすら予言しとく!

英語実況分析:Strap Yourself in~

冒頭の実況氏:

Strap yourselves in for another,
10th, 90-minutes win…

ストラップに身を巻き付けるイメージ。
つまり「勝利に固執しろ」という意味。

another と10th は同格ですが間に
等位接続詞などもなく
ごちゃっと並んでいます。

意味をとって、上の引用では
前後にカンマを入れてみました。

◇◇◇

最後のアヨゼ・ペレス、絶好機にフカす!

Everyone was up.
Everyone of Leicester City,
persuasion around us,
puts their head in their hands.

ここも中間部分は文法超越ですね。

「我々の周囲はみな同点を
確信していたのに」みたいな意味で
突然挿入されてる感じ。

最後の箇所は「えっ、手と頭が逆ジャン?」
と思ったのですが、

  1. put the head in the hands
  2. put the hands in the head

どちらも同じ意味なんだそうな。
辞書に用例がありました。

タイトルとURLをコピーしました