第2節 チェルシー 0-2 リヴァプール【抱きつきで自滅】

スポンサーリンク

2つのミスで台無し

第2節最高のビッグマッチだったのに、

  • 前半44分のクリステンセンの
    「マネへの抱き付き」➡VARで退場
  • 失点から4分後の後半9分、
    GKケパのプレゼント

これで終わってしまった…。

その果実を摘み取ったのはいずれもマネ!

今期も「マネのできないマネ!」なのですが、
しかし今回の試合では
そこまでの超人的な技はないです(笑)。

むしろチェルシーが自滅した感じ。

 

先制点はフィルミーノ技巧から

後半早々のリバポ先制点は、
早くも今期のチームゴラッソ候補か。

サラー&フィルミーノでワンツーする
場面ですが、フィルミーノがいったん
「その場マシューズ」を入れたのがミソ!

あれでDF陣がストップした刹那、
ワンツーを開始。

そしてセンタリングに
頭から飛び込んだのがマネ!

前節スーパーゴラッソの
リース・ジェームズもマークできず、
目をぱちくり状態。

◇◇◇

試合はチアゴ・アルカンタラのデビュー。
そしてそのチアゴがヴェルナーを倒してPK。

しかしジョルジーニョがまさかのPK失敗。
(たしか前節、プレミアでは
PKの失敗がないと言ってましたが…)

残り数分でしたが、南野の出場。

ビッグマッチに相応しく、
イベントだけは盛りだくさんでした。

スポンサーリンク

英語実況分析:Calamitous「悲惨な」

「抱き付き事件」をVAR判定している際:

I think you’d be lucky if you can get away with this question.

ここの解説氏、すっごく速いね!
よくあんな風に口が回るよな~。

get away with は受験英語で出てきたはずで
「~なしで済ます」。

ここ、本当はcould にしないと
仮定法過去にならない。
よろしく!w

◇◇◇

ケパの失態シーン:

It’s another calamitous goal for Chelsea to concede.

calamitouscalamity(大災害)の形容詞形。
concede は「与える」。

チームにとっては大災害この上ない
プレゼントゴールとなってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました