第10節 チェルシー 0-0 トテナム【ロリスの指先セーブ!】

スポンサーリンク

「1位3位対決」はスコアレス

今節注目の一戦はスコアレスで終了。

ハイライトで見るに、
ソン・フンミンが全く出てこない。

ケインも最初のベルフワインへの
パスのところだけですね。
2人が封じ込められた感じでしょうか。

それにしても、最後の方で
メイソン・マウントの
唸りを上げるようなミドル
を止めた、GKロリスの
指先セーブが凄い!

あれ、普通に入るやつでしょw

◇◇◇

ところで、両者の対決は何ダービーなのか
調べてみたら、Wikiによれば
「ノースウエスト・ロンドンダービー」
なんだそうな。

London derbies - Wikipedia

しかしアーセナルVチェルシーの
「ビッグ・ロンドン・ダービー」も
重複してここに入っているな。

日本のメディアでは
「ロンドン・ダービー」と書かれてます。

ちゃんと決めてよw

英語実況分析:ナゾ語 In Criteria

0:19、ヴェルナーのオフサイドのところ:

Timo Werner, in [a] criteria!

criteria はcriterion の複数形
なので、ここでa が入っているのは
文法的にはオカシイ。

それはさておき、意味的には
「基準・標準に入っている」
ってのはどういう意味かな?

おそらく「ヴェルナーの標準状態」
という意味で、つまりは
「十八番の位置だ!」
てな意味かなぁ?

この語、ナゾ語として
ホールドしておきます。

◇◇◇

そしてロリスのビッグセーブ:

Superbly clawed away
by the captain Hugo Lloris!

この語は以前も出てきました。

第37節:シェフィールドU 0-1 エヴァートン【すらしヘッド】
シグルズソンからの速いカーブFKを、リシャルリソンが頭ですらして決勝点。シーズン通じて7番リシャルリソンの活躍は特筆すべき。 他方、シェフィールドは再開後に失速したままです。

まさにカギ爪でひっかけて
外に出す感じ。

 

以上、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました