第36節 クリスタル・パレス 3-2 アストン・ヴィラ【肩で逆転!】

スポンサーリンク

面白シーソーゲーム

美しいゴールの連続で
見て楽しめるシーソーゲームですぞ。

マックギンのサイドキック流し込み。
GKにはブラインドだったか。

ベンテケのヘッドも打点高し。

エル・ガジの勝ち越し弾は
「後ろに眼がある」ようなワトキンスの
バックヘッド・アシストによるもの。

◇◇◇

そして後半はザハ得意のカットイン。
分かっていても止められない!

そうして最後の後半39分。

プレミア公式を見たら、
ミッチェルは4バックの左。
それがなぜあのシーンに居て、
右肩を突き出したのか?

肩に当たったボールが決勝点!

英語実況分析:Hoist

先制点のマックギンのところで
ナゾ語出現です…

John McGinn… will push it!
Oh! BMC![???]
What a finish that is,
right into occasion!

なんだろう、コレ?
何度聞いてもBMCに聞こえるのですが
マックギンのニックネームでもないし、
BMCというサッカーメディアの名前でも
おかしいし。

俺ちゃん
俺ちゃん

ここまで「?」だと、ナゾ語となってしまいます。

ベンテケの得点のスローシーン:

It was just hoisted towards in.

hoist :釣り上げる、巻き上げる
の意味。
このin は「ペナの中」なり
「中央・ゴール前」と解釈します。
つまり名詞扱いで、the inside の略
(ないし実況言葉)とみた方が自然かなと。

タイトルとURLをコピーしました