第26節 クリスタル・パレス 0-0 フラム【ガイタはガイタを為す!】

スポンサーリンク

ホームで「枠内ゼロ」のパレス

先にフラム公式をみたら、
フラムの攻撃シーンばかり。

スタッツ見て納得!
シュート数で3対16、
枠内はなんと「0対4」とな。

ガイタさんのスーパーセーブを
濃密にリプレイしてくれてる
パレス側の公式動画を
ピックアップしました!

英語実況分析:Carnage

ロフタス=チークの弱いシュート。

Guaita, a call into action again!

機械やプログラムを「作動させる」
ような印象の語句。

◇◇◇

そしてスーパーセーブのところ:

and there’s a super-super save!
Guaita, doing Guaita things!

これ面白いw
CCではgreater なんて出てくるのですが、
そうは言ってないですね。

「ガイタはガイタ(の事を)を為す!」

その直後、「Spanish brick wall」とも
表現してますね。

◇◇◇

パレスの苦境は最後まで続き…。

Carnage in the penalty area,
away goes in the end.

carne はイタリア語で肉。
carnage で死肉の意味があり
それが語源とか。

英語では「大虐殺、死屍累々」
という意味になります。

後段は倒置形ですね。

この実況氏、試合終了のところも
面白くまとめています。

タイトルとURLをコピーしました