第34節 クリスタル・パレス 0-2 マンチェスター・シティ【優勝に王手】

スポンサーリンク

アグエロ師匠の右足美技!

パレス公式動画なのに、
自チームのチャンスは冒頭の
ベンテケこぼれ球しかない。

実際にポゼッションで30対70。
シュート数で9対20!
枠内こそ4対3と優勢に見えますが
パレスのホームらしからぬ無気力さ。

◇◇◇

シティの先制点、アグエロ師匠が圧巻!

左からの速いセンタリング、
手前でバウンドした球を
前方に浮き球でストップ。

そのまま次の右足でズドン!!

これがシティでの最後のゴールになるかも。
だとしたら歴史に残るゴラッソ。

英語実況分析:Might Well

難しい用法などはありませんでした。

この女性実況氏(?)少したどたどしい
感じは否めませんね。

アグエロ師匠の先制直後:

… And a player who has been at Manchester City
for 10 years might well have scored the goal
to give them the Premiere League title yet again.

助動詞might を使った表現は
なかなか覚えるのが大変。

これは受験英語なんかでも出てきますが
「~してももっともだ」等の意味。

とはいえ、この文脈では
いまいち落ち着きません。

「10年在籍している(ベテランだけに)、
この(優勝がかかる)大事な局面で
ゴールをするのも無理はない」
といった感じで解釈しておきましょうか。

最後のyet again もネイティブなら
さっと出るんでしょうが、第2外国語としての
話者にはこの辺がなかなか使えないかな。

◇◇◇

勝利を確信した2点目:

And Pep Guardiola punches the air in celebration.

シティはユナイテッド次第で
今節にも優勝決定とのこと。

タイトルとURLをコピーしました