第4節 エヴァートン 4-2 ブライトン【ハメス2G】

スポンサーリンク

またしてもDCL!

雨の中の難しい試合。
でもエヴァートンの基礎技術は
この天候でもしっかり。

逆にブライトンは、
とくに前線が雨に苦しんで
ボールが収まらない。
しかもチーム全体が後ろに重い…。

◇◇◇

そんな印象の試合は、前半16分に
またしてもDCL!
ショートコーナーからのヘッド。
角度もないのに、よくまぁ決定率が高いね。

開幕から4節連続6得点目も凄いのに、
この水曜日にはリーグカップの
ウエストハム戦(4-1で勝利)にて
ハットも決めている。

スポンサーリンク

イウォビ経由でハメス2発

ボランチの位置に入ったドゥクレと
トム・デイヴィスが素晴らしい働き。
デイヴィスはまだ22歳。

後半には右サイドバックに入るなど、
ユーティリティも高い。
この試合ではいぶし銀の活躍。

Wiki:トム・デイヴィス

そして、
リシャルリソンに代わって入ったイウォビ
も目立つ活躍を披露。
カウンターから左サイドでパスを受け、
逆サイドのハメスへ「針の穴」アシスト。

次いで、またカウンターにて
飛び出したドゥクレへ、絶妙スルーパス!

イウォビはキープ力しかり、
相手の守備陣をすっぱりと
無効化するスルーパスも、
お見事でしたね。
(髪型が…モゴモゴ。
「ウルトラマン ダダ」
で検索してね!)

決めたハメスの足は順に
左足・右足と違うのだけれど、
同じような崩しのパターンで、
これをハメスは確実に流し込む。

この、エヴァートン3点目の得点は
トロちゃんのパスミスから。
今節は目立った活躍ができませんでした。

 

ランプティーは前半だけ

あと、途中交代のリシャルリソン
の怪我が心配です。

怪我のきっかけはランプティー。
彼のタックルは正当なものでしたが、
今回のランプティーはこれまでの大活躍とは違って
おとなしい感じ。

同点弾につながったロング・センタリングは
見事でしたが、それ以外は封じられた格好。
前半にて交代。

 

英語実況分析:Smuggle Home

モペーの「回転ドア」から
押し込みゴール:

And it’s smuggled home by Neal Maupay.

おっ、「密輸ゴール」
久しぶりに出てきました。

 

勝ち越し弾となるミナのヘッド:

Brilliance! How about that?
From one Colombian international to another.

コロンビア代表2人で取った得点。

 

以上、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました