第20節 エヴァートン 1-1 レスター【ハメスの右足ゴラッソ!】

スポンサーリンク

左足をガードされてもあの弾道!

先制点のハメス・ロドリゲス。
ゴールを見るのは久しぶりでは?

俺ちゃん
俺ちゃん

調べたら、第4節での
2得点以来でした!

しかし、左足をガードされたら
すかさず右に持ち替えての
強烈ゴラッソ!

だいぶ前ですが、
「ハメスは右を見ないし右足を使わない」
なんて分析してたんだけど、
いや~失礼いたしました!

試合はドロー決着。
大雨じゃなければ、最後の
DCLヘッドは決まってたかな…。

英語実況分析:Not Quite

ティーレマンスの同点弾:

It is snuck in, inside the post!

snuck ってナンダ!?
とびっくりして調べたら
sneak の過去・過去分詞形だと。

辞書にはsneaked もあるので、
snuckのほうが英国流って
ことなんでしょうか。

意味としては「ボールは忍び込む
ようにされた(受動態)」から
「ボールをねじ込んだ!」てな
感じかな。

◇◇◇

ハイライトの最後のところ:

Not quite, not quitefor Everton.

「まだまだ、イマイチ」の意味。
quite は英国ならでは語って感じ。

これはいろいろなシーンで使えそう。
憶えておきましょう!!

タイトルとURLをコピーしました