第16節 エヴァートン 1-3 マンチェスター・シティ【シウバ1G1A】

スポンサーリンク

DCL不在、これが予定調和なのか…

だいぶ長い間、未消化のまま
引っ掛かっていた、第16節。

朝、起きて結果をみたら予想通り。

エヴァートンは序盤5試合くらい以降、
予想をひっくり返す試合はしてくれない印象。

DCLが怪我で不在なので、
前線のターゲットに欠ける。

リシャルリソン軍曹の同点弾は
腿あたりに想定外のヒットで、
超・ごっつあん(苦笑)

ポストに当たって戻ってきたんですね。

◇◇◇

反対にシティは公式戦17連勝!
△(引き分け)すら無しの、
フラットな連勝街道。
凄すぎる。

この試合でも2点目のマフレズ弾が
ゴラッソ極まりない。
アシストはベルナルド・シウバ。

DFはシウバに抜かれるのが怖くて、
2枚行ってしまう。
そこにウェーブの動きで戻ってきた
マフレズがオーバーラップ。

俺ちゃん
俺ちゃん

大外でお休みしていた
エヴァートンの選手は誰かな? 
彼がサポートしてれば…。

これに限らず、シティの得点は
いずれも右サイドから。

とりわけ、後半の2点は右サイドでの
カットインでした。

英語実況分析:With Aplomb

エヴァートンの同点弾の直前:

That’s so little in the City half, to be fair.

何のことかなと思ってスタッツを調べたら、
試合全体でシュート数
「3対16(枠内2対7)」で、
このシーンの段階でもその趨勢が明らか
だったのかなと。

つまり、エヴァートンが攻められてなかった。
「公平に言って、シティ陣内(に攻めるのが)
かなり少ない」という意味かと。

◇◇◇

マフレズの勝ち越し弾:

but Mahrez did it with aplomb.

面白いスペルですがフランス語起源とのこと。
「冷静沈着に」という意味。

◇◇◇

最後の3点目の実況氏:

It epitomises everything
about City at the moment.

今回も英国風に「-ise」と綴っておきます。
「典型となる、典型を示す」という意味。

タイトルとURLをコピーしました