第35節 フラム 0-2 バーンリー【今年は奇跡の残留劇ナシ!】

スポンサーリンク

フラムの降格が決定

ウッド兄貴とウエストウッドが
ともに点を取って勝利。
これ、2節前のコンビと同じ。

第33節 ウルヴス 0-4 バーンリー【ウッドづくしw】
ウッド兄貴がハット+1アシスト! 先制点のウッド兄貴が凄い。 重量級なのにあの身のこなしで DFを翻弄し、ファーに打ち込む! 結局、得意のヘッドで ハットトリックを完成。 おまけに、後半には ウェストウッドのミドルをお膳立...

それにしても、先制点につながる
超ロングパスが凄すぎる!
出したのは2番のロートン。

ラインぎりぎりで折り返した
ヴィドラも殊勲。

◇◇◇

そして2点目は、最近プレミアで
流行ってる(?)軸裏、つまり
「クライフターン」と同じフェイント。

ウッド兄貴の元にボールが戻って来ました。
これをアウトに掛けた強烈弾でゲット!

◇◇◇

フラムは奇跡の残留を掛けた直接対決でしたが
これに敗れて、ついに降格が確定。

昨年度はアストン・ヴィラの奇跡がありましたが、
今年は序盤からの流れに沿って
3チームが決定したなーという印象。

英語実況分析:No Alarms

ウッド兄貴の2点目の後のシーン。
ベン・ミーがGKにバックパス。
これをポープがセーフティ・ファーストで蹴り出す。

… But they don’t want any scares.
No alarms.

当然、意味としては「警報がない
=安全策だ」という意味ですね。
でも軽快で、面白い実況だなと。

タイトルとURLをコピーしました