第19節 リーズ 0-1 ブライトン【マック・アリスター躍動】

スポンサーリンク

自陣からの崩し切り

メッシに激似の10番、
マック・アリスター。

先制点では0.6点分くらいは
彼の働きによるもの。

鋭角での股抜きスルーパス、
次いでトロちゃんとの
大きなワンツーが最高ですね。

次点で、反町さんの
ちょっと苦し紛れのパスに対し、
戻ってきて捌いた
パスカル・グロスも褒めたい。

この2人が基軸となり、
自陣最終ラインからの
長い組み立てをゴールに
結びつけました!

英語実況分析:Carve Open

決勝点のところ:

What a move that was!
They carved Leeds
open there so, so easily.

パックリと切り開いた、
という感じですね。

他にも

・exquisite
・woodwork

というお馴染み語が出てきてます。

 

それでは、お疲れ様でした!

タイトルとURLをコピーしました