第5節 レスター 0-1 アストン・ヴィラ【ロスタイム弾!】

スポンサーリンク

スタッツでは拮抗

スタッツを見るに、
ポゼッションは、ほぼ50%ずつ。
シュートは11対10(枠内5対4)。

しかし印象論ではレスターが
点を取ってもおかしくない展開。

とくに後半のティーレマンス、
奪ってからのミドルシュートは
強烈なブレ球!

ボールがパンクしたんですかと
いう位のスライドをしている!

よくGKマルティネスは防げたなぁ。
手前側にブレたから防げたのだろうが、
逆の動きだったら、
人類は反応するの無理でしょう。

◇◇◇

スコアレスのまま迎えたロスタイム。
レスターの寄せがふっと抜けたところ、
ペナ外から右足弾を突き刺したのが
20番のバークリー!

この試合が2試合目。
前節も存在感ありましたが、
ついに試合を決する大仕事!

英語実況分析:Fractionally

動画冒頭の0:27あたり。
最初の「dad ball duty」(?)
これはナゾ語だ。
何か前に言っているのだろうか。
それとも聞き間違いかな?

この直後:

Can he conjure some magic here?
Swings over the corner.
But Konsa, fractionally wide of the target!

fractional は数学用語で
「分数の、半端の」。
転じて「わずかの」。

ここでは副詞になっていて
「ゴールからわずかに外れた!」
意味ですね。

俺ちゃん
俺ちゃん

このシーン、コンサは
パンツを思いっきり引っ張られてる。
VARでPKにすべきだろ!(怒)

◇◇◇

グリちゃんのペナ内での
巧みなフェイント!

All stand from the wizardry of Grealish.

wizard は魔法使い。
wizardry で魔法。

グリーリッシュの得点も
見たかったところだが…。

◇◇◇

それにしても、トップリーグでの
開幕4連勝は1930/31シーズン以来とか。

70年の歴史を塗り替えつつある
今期のヴィラには、引き続き大注目ですね。

タイトルとURLをコピーしました