第4節 レスター 0-3 ウェストハム【クレスウェルの筋力】

スポンサーリンク

ワンチャンスをアントニオ頭!

試合直前に予想した通り、
いや、それ以上にケッサクな展開で
アウェイのウェストハムが勝利。

お互いにつぶし合いの前半14分。
クレスウェルの高速ロング・センタリング
が、ファーで待ち構えていたアントニオにピタリ!

角度もあまりないのに、
やすやすと決めきっちゃうのがスゲエ。
「利き足は頭です」て名言あったけど、
あれですね(笑)。

スポンサーリンク

2点目はドカ蹴りから

2点目もクレスウェルから。
この試合2アシストということになります。
ボールが可哀そうになるくらいの
ドカ蹴り・クリアが、
自陣ぎりぎりからオフサイドなしで
抜け出したフォルナルスの頭上へ!

これをフォルナルスは見事な
「ドラえもん・トラップ」

つまりドラえもんの、
足裏が見えるような歩き方に似て、
足裏でストップしたってこと。

このトラップも素晴らしいですが
決定的だったのは
クレスウェルの筋力だな~と。

◇◇◇

そして、82分のダメ押し弾は
41番デクラン・ライスの
アウトサイド・ターンで相手3人を
まとめて葬った時点で、勝負あり!

レスターは枠内ゼロ!

これでウェストハムは
2連敗スタートのあと2連勝。
FAカップもリーグ杯も敗退しているので
リーグ戦に集中してきそうです。

一方のレスターは、
チャンスらしいチャンスを作れず、
枠内シュートはなんとゼロ!

崩しのパスをことごとく相手5-4-1の
守備網に絡めとられ、
それを越える工夫がありませんでした。

後半開始早々と終盤の大チャンスも
シュートミスでフイに。

ヴァーディがチップキックを
アウトに乗せちゃうなんて…。

英語実況分析:Up Front

3点目の決まった最後の実況氏に注目:

West Ham have turned on the styleup front,
have looked solid at the back,
and have found themselves…
providing a quality performance.

ここのナレーション、カッコいいなw
up frontで「前面に(押し立てる)」

turn on は「スイッチを入れる、
栓をひねる」などなど。

よって「ウェストハムは自分たちの
スタイルを前面に押し出して戦い…」。

2行目は「バックス陣が堅固だった」
意味ですね。

 

では、Have a premium Wednesday!

タイトルとURLをコピーしました