第22節 リヴァプール 0-1 ブライトン【サラー不発】

スポンサーリンク

王者に対し、今季は1金星&1分け!

朝ライブスコア見て
途中経過にびっくりし、
そのままロスタイムまで
じりじり見ちゃうような試合。

サラーが2回の大チャンスに
決められず、代わりに
大きな展開からブライトンの
ゴールは事故っぽい感じのもの。

トロサールの脚に微妙に当たり、
アルザテの足に当たって
ゴール方向に飛んだ…てな印象。

これで今季は王者リバポに負けなし!

第10節 ブライトン 1-1 リヴァプール【またもVAR合戦】
ロスタイムの劇的VAR-PK 昨季から始まったVARですが、 今季に入って「VAR-PK」なる語が 定着してもおかしくない。 それだけ、VAR判定によるPKが、 試合全体を決定づけている今日この頃。 今回はロスタイムに発動で...

英語実況分析:

0:33あたりのポッター監督:

Oh, in cry Graham Potter.

これは倒置文ですね。
主語が後置されてます。
動詞(be 動詞の想定)も割愛。

◇◇◇

そして終盤、ブライトンの攻撃:

What a save from Kelleher, White…

Brilliantly defended to spare
Liverpool’s blushes and
prevent Ben White
from extending the lead.

spare は「免れさせる、
危ない目にあわせない」意味。

blush「赤面」ですね。
ブラシのbrush ではありません!

俺ちゃん
俺ちゃん

英語もややこしい奴だな!

タイトルとURLをコピーしました