第25節 リヴァプール 0-2 エヴァートン【王者が4連敗】

スポンサーリンク

ハメスの巻き取りトラップ

先制点は早くも前半3分。
こぼれ球からドゥクレがヘッド、
浮いた球をハメスがつま先で巻き取る。

膝にボヨンと当たった間に、
リシャルリソン軍曹との
アイコンタクトは終了。
DFの背後側に出しました。

そして後半には復活のDCL、
ものすごいランからPK獲得。

これをシグルズソンが決めましたが
本人は「あっぶね~」って顔。

◇◇◇

そしてこのマージサイド・ダービー、
前半戦で因縁のカードですが
(2-2。ピックフォードのチャージ
によりファンダイクが負傷)、
その当事者がこの試合で復活。

そして神がかりセーブを連発!

◇◇◇

逆に王者リバプールは決め手なく
ずるずる4連敗。

CLの1回戦でライプツィヒを
降したことだけが、最近の良いニュース。

英語実況分析:韻をふむ実況

ヘンダーソンのボレーを
ピックフォードが神セーブ!

There’s the volleyed effort,
which is tipped wide by Jordan Pickford
from Henderson.

太字のところ、
f 音にしか聞こえないのですが、
意味からするとv- で、
状況から考えるとボレー弾を打った、
ということでしょう。

この後のシーンも含めて、実況氏は
“What a save that is!”
と2回叫んでますね。
決まり文句と化している。

◇◇◇

そして後半にもナイスセーブ:

Jordan Pickford’s
springing, leaping, and tipping
over the crossbar.

p 音と「ing」で韻を踏んでいる感じ。

タイトルとURLをコピーしました